夏の和洋折衷コーデに組み込みたいブランド!個性を出せる人気アイテム

ファッション






あなたは暑い夏を快適に過ごすためにどんな服装をするだろうか?

Tシャツ一枚で過ごしたり、ハーフパンツで過ごしたりなど、夏は基本的に軽装になりがちだ。また、夏の服装は見た目よりも汗などの体内環境を気にする方も多いかと思う。

しかし、せっかくお出かけをするにあたってありきたりな格好でよいのだろうか?

世の中には多くのブランドが存在しており、多くのアパレルアイテムが存在している。そんな中、日本という特徴を活かして「和」という要素を入れてみても面白い。

日本に浴衣や着物など、和洋折衷を取り入れたアイテムが多く存在している。それらの特徴を活かしたアパレルアイテムがあったらどうだろうか?

今回は、「和洋折衷と個性」をテーマにアパレルアイテムをご紹介していこうと思う。

 

和洋折衷コーデとは?

アパレルアイテムをご紹介する前に、「和洋折衷」というものは何なのかということを簡単に説明したい。

和洋折衷というものは、「日本と西洋の風習・様式を取り混ぜること」(goo辞書から引用)と記されている。要するに、和洋折衷コーデというものは、「日本っぽいものと外国っぽいものを混ぜましょうね」という認識でよいかと思う。

和洋折衷コーデの大きな特徴としては、伝統的な雰囲気をかもすことができるということだ。

普段の服装やありきたりな格好では、変わった雰囲気を出すことが難しい。なぜなら、ほかの人とかぶっていることが多いからだ。そんな中、和洋折衷を感じられるアイテムを取り入れることで、個性を出すことや人とは少し違う雰囲気を出すことができる。

これから、アイテムを用いながら「和洋折衷コーデ」というものをご紹介していきたい。

 

 

 

個性を引き出す和洋折衷アイテム 夏コーデ

ここから具体的なアイテムを用いて説明していこうと思う。

今回ご紹介するアイテムは、JXTIONの「ラップカラーシャツ」だ。

 

JXTION

JXTION

 

サイズ1:着丈70、肩幅43、身幅52、袖丈22.5
サイズ2:着丈72、肩幅44.5、身幅54、袖丈23
サイズ3:着丈74、肩幅46、身幅56、袖丈23.5

カラーは黒とグレーが展開されている。

一見、普通のシャツに見えるが襟の部分が袴の形になっている。これにより、普通のバンドカラーシャツに袴をモチーフにしたエッセンスが加わり、和風な着こなしを演出している。襟部分とシャツ部分では素材が異なり、襟部分に袴をモチーフにしており、キレイ目の中に和風のポイントが取り入れられている。

また、このシャツは素材が特徴的である。特にシャツ部分には、アムンゼンという生地を使用している。アムンゼンというものは、さらっとした手触りが特徴的で、春~夏、初秋にかけてピッタリな生地である。アムンゼンを使用しているアイテムの例としては、ワンピースやスーツなどだ。よって、このシャツはさらっとした着心地と上品な印象を与えてくれる一品となっている。

 

夏でもボトムスにこだわる

個性から少し離れてしまうが、個性を引き立てるボトムスをご紹介したい。これも同じくJXITONが展開している「テーパードスラックス」だ。

 

JXTION

JXTION

 

サイズ1:ウエスト80、ヒップ96、股上24、股下68、もも周り30,5、すそ周り16
サイズ2:ウエスト84、ヒップ100、股上24,5、股下70、もも周り31,7、すそ周り16,5
サイズ3:ウエスト88、ヒップ104、股上25、股下72、もも周り32,9、すそ周り17

このスラックスは黒とグレーと2種類展開されている。

個性なものがあふれているJXTIONのアイテムの中では王道である。逆に言うと、どのトップスにも合うアイテムとなっている。

このスラックスの魅力は、「素材」だ。このスラックスには、サマーウールという生地を使用している。

ウールと聞くと冬に使われているコートなどを想像されるかもしれない。サマーウールは通気性に富んでおり、さらっとした生地感が特徴である。そのため、このスラックスは春夏でもストレスなく着用できる仕様となっている。

 

JXTIONのアイテムを使って夏のコーデをつくる

先ほど、JXTIONのアイテムを2点ご紹介してきたが、具体的にどのように合わせていけばいいかわからない方もいるかと思う。そこで、上記の2点を使って夏をテーマにコーディネートを組みたいと思う。

王道な組み合わせから少し個性を加えたものまでご紹介するので、楽しみにしていただきたい。

 

ラップカラーシャツ(グレー)×テーパードスラックス(黒)×サンダル×腕時計

JXTION

 

1つ目の組み合わせは、「ラップカラーシャツ×テーパードスラックス×腕時計」だ。この組み合わせは、少し王道でありあまり個性はないが誰でも取り組みやすいかと思う。

このコーデでのポイントは、サンダルと腕時計だ。

まず「サンダル」についてだが、シャツとスラックスでキレイ目×キレイ目となっている。ここで足元を革靴にしてしまうと、サラリーマンのような堅い印象を与えてしまう。夏ということもあるので暑苦しさを軽減するためにも、サンダルを使用してあげて涼しさを表現することがポイントだ。

 

そしてもう一つは「腕時計」についてだが、夏場は半袖を着用するため腕がさみしくなりがちだ。ブレスレットのようなアクセサリー類でもよいが、腕時計の方が大人っぽさを演じることができる。

また、腕時計にもいろいろな種類があるため、夏っぽさを表現したいのであれば、ベルトにこだわることがベストだ。個人的に夏におすすめのベルト2選を簡単にご紹介したい。

 

1つ目は、「メタルブレス」だ。メタルブレスとは、サラリーマンとかがつけているような銀色のベルトのことを指す。特徴としては、汗や水に強く夏にピッタリのベルトとなっている。

また、私服にもビジネスにもつかえるため、用途は広いかと思う。

 

2つ目は、「ファブリック」だ。このファブリックのベルトは、カジュアル色が強く私服向けと言える

特徴としては、メタルブレスと同様汗や水に強い。そのほかにも、耐久性に優れているため、男の人にはおすすめしたいベルトである。

 

ラップカラーシャツ(黒)×テーパードスラックス(黒)×サスペンダー

JXTION

 

2つ目の組み合わせは、「ラップカラーシャツ(黒)×テーパードスラックス(黒)×サスペンダー」だ。「サスペンダー、、?」と思った方もいるかもしれない。サスペンダーというものは、肩にかけるひものようなものだ。

このサスペンダーがポイントで、「和風」とキレイ目を合わせたスタイルに、ヨーロッパの少年に見えるようなサスペンダーを用いることで、「和洋折衷」を表現することができる。シャツとスラックスが黒色なので、サスペンダーの色は白や茶色にしてあげるとサスペンダーの存在を強調してあげることができる。

少し個性のあるコーデなので取り組むのに抵抗があるかもしれないが、かなりかわいい格好なのでぜひ試していただきたい。

 

シンプルになりがちな夏にこそ個性を出すチャンス

いかがだっただろうか。

夏はどうしてもシンプルになりがちな格好になるが、小物や組み合わせ方で個性を出すことが簡単にできる。

JXTIONのアイテムは1点で個性が出るようなアイテム作りになっているので、コーデが難しいと思っている方は一度試してみてはいかがだろうか。

 

一緒に読まれています

私服で着られる和風メンズ服のおすすめブランド!かっこいいモテるデザイン

着物を普段着にしたい40代におすすめのブランドJXTION!粋を感じる服

着物を普段着にしたい30代におすすめのブランドJXTION!粋を感じる服

和服カジュアルのアイテムならJXTION!メンズドメスティックブランド

着物風のアウターを普段着に!洗練されたデザインが魅力のJXTION

【メンズ】着物風のトップスで装いにアクセントを!ドメスティックブランド

羽織風ジャケットでコーディネートにアクセントを添える!JXTION の人気アイテム

【メンズ】和服っぽい洋服ブランド!日本を感じる服装がラインアップ

和風メンズファッションブランドJXTION!その特徴や魅力をご紹介

メンズの和風アウターといえばJXTION。新進気鋭のメンズブランド

個性派ファッション好き必見!メンズ和服の【粋】を継承するブランドJXTION

メンズ アームドジャケットならJXTION!和を感じさせる新進気鋭のブランド

JXTIONの羽織ジャケットでモテるメンズに!和のテイストを楽しむ

JXTIONの和柄コートに感じるセンス。和風コートの新しいデザインを楽しむ

和テイストのジャケットならJXTION!日本の風を感じるドメスティックブランド