JXTIONの和柄コートに感じるセンス。和風コートの新しいデザインを楽しむ

JXTIONの和柄コートに感じるセンス。和風コートの新しいデザインを楽しむ

JXTIONとは和風テイストのファッションブランドだ。

【粋】という目には見えない美意識と、個性的な感性を掻き立てる。

今回は、既存のブランドとは一線を画す、【和テイスト】ブランド。JXTIONのコートについて紹介したい。

コートという服飾は一言では表すことの出来ない程、歴史や用途の意味が多い。

ただ上着として羽織るだけではなく、着ることにより礼節の弁えを表したり、着合わせる服によって様々な表情を見せてくれたりする。

そんなJXTIONの代表格の和風コート。和柄アイテムとの相性抜群の個性的で汎用性も高い、和モダンを追求したコートを紹介しよう。

 

JXTIONのコート

ジャポニズムコート

JXTION

 

ロングコートとして存在感を放ち、着物の羽織を模したデザインコート。

コートとは服装全体の大きな面積を占めるので、普段の服装にジャポニズムコートというコーディネートだけで十分に個性的な着こなしになる。

素材はスーツなどにも使用される上質なウールをブレンドし上品な印象を与えてくれる。

ウールと聞けば冬の素材であったり、保温や防寒だったりをイメージする事が多い。しかし、薄手の上質なウールは湿度をコントロールするという特徴があり、本来は日本の高温多湿の気候には最適な素材なのだ。

使いやすさという観点では、メンテナンスフローも非常に重要。ポリエステル混の生地はクリーニングに出すことなく、自宅で洗うことも可能なのも非常に嬉しい性能だ。

つまりジャポニズムコートは、年間を通じて着られるロングコートとして活躍できる。

JXTION代表格のジャポニズムコートは素材以外からも、目には見えない良さとして『粋』な演出をしている。

デザインのベースでは法被モチーフに、砕けすぎないモダンな印象を。『ウエストの絞り』を効かせていることで、丈長でなびく生地に相性の良いとてもキレイなデザイン性のあるロングコートに仕上がっている。

防寒や保温という目的と生地の仕上がりというのは、大きな関係性がある。単純にいえば、薄くなびくような生地感では防寒には向かないし、厚く着心地に影響するような生地感では軽やかな印象は生まれないのだ。

そういう意味ではJXTIONのコートはデザインだけでなく、生地の仕上がりにもキレイに見えるこだわりを持たせている。キレイ見えするコートはカジュアルにもフォーマルにも使えるので必然的に着用機会は多くなるものだ。

 

■関連商品はこちら

>JXTION ジャポニズムコート ①

>JXTION ジャポニズムコート ②

 

コートという存在

JXTION

 

コートの語源は古代ドイツ語のKozza(コッツア)と、フランス語の袖付きの長衣のcotte(コット)から由来したといわれている。

現在のcoat(コート)は英語圏に入った際に変換された言葉だ。

現代で一般的となる形は、前開きの外着として使われるオーバーコートという部類に属する。明治維新以後の西洋文化の流入で登場し、当初は軍服の上着として日本に定着した形だ。

 

和服にとってのコート【羽織】

JXTION

 

だが海外からコートとして登場するまでにも、実は同じ役割を果たしていた衣服がある。それが【羽織】だ。

古くは鎌倉時代の防寒具として仏閣などでの着用が多かったが、時代と共に形を変えた。有名なところでは戦国時代に武将が鎧の上から着る【陣羽織】や、現代でも着物の上に着る正装として残る【紋付羽織】などがある。

元来、男性用の着物には現代でいうTPOの使い分けがある。
♢礼装
♢準礼装
♢普段着 である。

明治以降、羽織とは格式の高い役職や礼装の際に着られる服装である。特に紋付羽織は、結婚式や成人式など冠婚葬祭、式典に着るまさしく礼装の代名詞だ。冠婚葬祭で現代でも親しまれているということは、間違いなく羽織の文化は日本に色濃く根付いているということだ。

一方で普段着にあたる羽織は、江戸時代から庶民の間に親しまれ、現代のコートに近い役割を果たしていた。

ジャポニズムコートはデザインやコーディネートの幅から見れば、着物の分類で言うところの普段着である。

個性的かつ現代風のコーディネートを楽しめるのもJXTIONのコートならではの強みだと言えるだろう。JXTIONのコートは古くから日本に由来する羽織と、現代のコートをMIXさせた様な位置づけとなる。個性とはそういった希少価値の高さからも見えるものだ。

 

和柄との相性

ジャカード

 

JXTIONのコートは日本古来の羽織としてルーツがある。つまり日本独自の進化した衣服の柄【和柄】との相性も良い。

【和柄】とよばれる日本独自の柄は、はっきりとした総数は分かっていない。その数は数十種類とも数百種類とも言われている。

元々は平安時代に現在の中国から伝わったデザインで、貴族の中で広まったとされ、数百年以上経った現代でも着物、和服にほぼ変わらないデザインのまま使われている。

そんな【和柄】にはそれぞれ意味があるという事を知っているだろうか。

いくつか代表的な【和柄】を紹介しよう。

 

工事繋ぎ

「工」の文字を組み合わせた文様。繰り返しをパターン化した「繋ぎ」の文様は、途絶えることがない「不断長久」を意味する縁起の良い柄。現代では着物の地紋に使われることが多い。

 

麻の葉

麻の葉を模した文様。手を掛けなくてもまっすぐに、大きく育つ麻は生命力が強い。我が子の健やかな成長の願いを込めて、赤ちゃんの着物に多用された。

 

矢羽根 / 矢がすり

矢の上部に付ける鳥の羽根を文様化したもので、矢は古来より縁起の良い柄として親しまれた。江戸時代、「射た矢は戻ってこない」ことから、嫁入りの着物の柄として『矢羽根柄』を持たせる=家に「出戻らない」とされた、最も縁起の良い和柄の一つとして有名だ。

 

意味を知ることでセンスとなる

このように【和柄】にはそれぞれに柄そのものの意味がある。

JXTIONの『粋』という感性と同じように、目に見えるデザインだけではなく、目に見えない美意識を持つという意味で、『和風テイスト』の着合わせやコーディネートは相性が抜群なのだ。

定義がない以上、センスという言葉に置き換えるが正しいのか分からない。

ただファッションにおいては個性的であることや、良質な素材の服飾を永く使えることは「センスがいい人」として認知されるのは確かだ。

【和柄】や和風テイストを上手に組み合わせ、JXTIONのコートで自身のセンスを表現してもらいたい。

 

デザインとコーディネート

JXTION

 

JXTIONのジャポニズムコートは、ぜひ和柄と合わせて着てほしい。コーディネートの例として、普段着と組み合わせるのは当然、収まりはいい。

ただそれだけで完成させてしまうには、もったいないと思えるほどJXTIONのジャポニズムコートはアウターとしての完成度が高い。

ワンポイントとしてコーディネートの中に【和柄】を入れる事で、『和風テイスト』をより強調できる。

相互に引き立てることが出来る、それが和柄コーディネートの最大の特徴だ。

 

まとめ

JXTIONのコート。形やデザインだけでなく、素材や歴史にも『粋』という美意識を表現している。【和柄】も日本伝統のデザインとして永く受け継がれてきた。

和というジャンルにおいては共に役割をもち、ファッションとしての個性を映し出している。ただ流行やトレンドを追うだけではなく、変わらぬ価値を表現し、センスとして『和テイスト』を確立しているJXTIONをぜひ試してほしい。

日本の文化をモダンに捉えた、ファッションとしての新たな可能性を楽しんでもらいたい。

 

一緒に読まれています

和テイストのジャケットならJXTION!日本の風を感じるドメスティックブランド

【和風】羽織のようなデザインも魅力!メンズブランドJXTION

和テイストのファッションブランドJXTION!人気デザインのアイテムを紹介

【メンズ】和服っぽい洋服ブランド!日本を感じる服装がラインアップ

和モダンのメンズ服ブランドをご紹介!おしゃれでハイセンスなファッション

和風メンズファッションブランドJXTION!その特徴や魅力をご紹介

JXTIONカテゴリの最新記事