和テイストのファッションブランドJXTION!人気デザインのアイテムを紹介

和テイストのファッションブランドJXTION!人気デザインのアイテムを紹介

ファッション業界には数多くの商品があり、数多くのトレンドが存在する。

近年、その中でも異彩を放ち、個性的なその風貌で多くの注目を集める『和テイスト』。

今回は、ファッションを通じて『和テイスト』を表現するブランドJXTIONを紹介しよう。

 

【JXTION】というブランド

JXTIONとはJAPAN + NEXT + 〜tion = JXTIONという造語。『次の日本に動作する』をテーマに日本伝統の文化や『粋』という美意識や価値観を服づくりで表現したブランドである。

多様化する現代のファッションの中では個性が見えにくい。

『和テイスト』とは目に見える要素だけではなく、目に見えない『粋』という要素も大切にする。そんなファッションジャンルだ。

ただ着るだけで、纏う個性を表現できるJXTIONの人気アイテム。ぜひJXTIONというファッションに触れて、注目されている『和テイスト』を感じてほしい。

 

JXTIONの人気アイテムを紹介

ジャポニズムコート

JXTION

 

ロングコートとして存在感を放ち、着物の羽織を模したデザインコート。コートとは服装全体の大きな面積を占めるので普段の服装にジャポニズムコート、というコーディネートだけで十分に個性的な着こなしになる。

素材はスーツなどにも使用される上質なウールをブレンドし上品な印象を与えてくれる。

ウールと聞けば冬の素材であったり、保温や防寒だったりをイメージする事が多い。しかし、薄手の上質なウールは湿度をコントロールするという特徴があり、本来は日本の高温多湿の気候には最適な素材なのだ。よってジャポニズムコートは、年間を通じて着られるロングコートとして活躍できる。

JXTION代表格のジャポニズムコートは素材からも、目には見えない良さとして『粋』な演出をしている。

デザインのベースでは法被モチーフに、砕けすぎないモダンな印象を。『ウエストの絞り』を効かせているので、丈長でなびく生地に相性の良いとてもキレイなデザイン性のあるロングコートに仕上がっている。キレイ見えするコートはカジュアルにもフォーマルにも使えるので着用機会は多い。

 

■関連商品はこちら

>JXTION ジャポニズムコート ①

>JXTION ジャポニズムコート ②

 

アームドジャケット

JXTION

 

小紋柄が特徴的なダブルジャケット。ジャガード織りで作られている小紋柄の生地は一目で『和』を感じさせる存在感のあるジャケットだ。

モチーフとして日本伝統の戦闘服として用いられた武装服のイメージ。袖にも篠籠手<しのごて>を模した大胆な切り替えで和テイストを演出している。無骨で男らしい印象のジャケットなのでデニムや革靴など、ハードなアイテムでのコーディネートがいい。

前面に使用しているメタルボタンはマットな質感。前を開いて羽織として着ることも出来るが、計算し尽くされたボタン配置となっているので、すべてのボタンを留めてダブルジャケットとして前身頃を重ねて着てもらうのがベスト。

ボディ部分の大きな切り替えデザインは、メジャーなハイブランドでも用いられる仕様。全体的な雰囲気でも細かなディティールでも、ジャケットとしての存在感は抜群のアイテムだ。

 

■関連商品はこちら

>JXTION アームドジャケット ①

>JXTION アームドジャケット ②

 

ラップカラーシャツ

JXTION

 

日本製の特徴的な襟が目を引く、比翼仕立てのシャツ。“比翼仕立て”とは前身のボタンと留めた際に、上から生地が重なりボタンが隠れる仕立てのことをいう。

こだわりのポイントとして【ナットボタン】を使用。ナットボタンとはヤシの実の種で作った天然素材で水牛ボタンに次ぐ、高級ボタンとして非常に長い歴史を持っている。

繊維模様が浮き上がるのが特徴的で高級なスーツなどに使われるシーンが多いのがJXTIONではナットボタンを贅沢にもシャツに使用している。

襟の生地に上質なウールをブレンドし、身頃には、梨の皮のような不規則な細かい凹凸感があり、肌触りの良い梨地編み【アムンゼン】を採用。

シンプルなシャツだが、細かいディティールや素材にこだわり1枚でもサマになる様、とても上品に仕上がっている。まさにこだわりのシャツだ。

 

■関連商品はこちら

>JXTION ラップカラーシャツ ①

>JXTION ラップカラーシャツ ②

 

テーパードスラックス

JXTION

 

日本製のテーパードスラックス。テーパードとはシルエットの種類で、股上から足首にかけて徐々に細くなる形を指す。代表的な例ではスーツのボトムスが最もイメージしやすいだろう。

丈を9.5分丈に設定しており、踝がわずかに出る長さでヌケ感を保ちながら凜としたイメージのスラックスに仕上がっている。

スラックスと聞くと、堅いイメージを持つ方も多いがカジュアルにもキレイ目にも使える、着合わせ万能パンツ。素材に伸縮性のあるポリウレタンを使用していることで動きやすさも兼ね備えている。

ジャポニズムコート同様に上質なウールを使用し、形や素材からも上品な印象を演出してくれる。

先述のラップカラーシャツとセットアップで着用することで、さらに上品なコーディネートを作り出すことが出来る。

 

■関連商品はこちら

>JXTION テーパードスラックス ①

>JXTION テーパードスラックス ②

 

様々なコーディネートで活躍

『和テイスト』を軸に、細かいディティールや素材にこだわり着物としてではなく、普段の服装として『粋』な装いを表現できるアイテム達。JXTIONの意思を確かに表現しつつ、その使いやすさも大きな魅力だ。

そんなアイテムでのコーディネート例もいくつか紹介したい。

 

ジャポニズムコート×テーパードスラックス

JXTION

 

同色でまとめると、全体のコーディネートに統一感が生まれ、インナートップスは何を着ても『和テイスト』を保ちつつ完成する。

ポイントはカラーバランス。上下に同じカラーで挟むと非常にバランスの取れた印象になる。

 

アームドジャケット×テーパードスラックス

JXTION

 

テーパードスラックスのシンプルさが最も活きるコーディネート。カラーは、ジャケット・黒×スラックス・グレーのように逆の色を使用するのがポイントだ。

アームドジャケットは前ボタンを閉じて1枚見えするデザインの良さが特徴のジャケットだ。インナーを使用しないワンツーコーデなので、配色で上下の印象を変えるのがマスト。

シンプルだからこその『粋』を楽しめるコーディネートになるので鞄や靴などの小物は、極力シンプルに、黒のレザーアイテムなどをオススメしたい。

ただ上から下までアイテムを並べるだけではなく普段の服装に融合させてこそ、使いやすさを兼ね備えているといえる。

ぜひ普段のコーディネートに『和テイスト』は取り入れ、完成させてほしい。

 

ファッションとしての個性

ファッションでは、多くのシーンで個性が重要視される。

では個性とはいったいどういったものなのだろうか?

端的にいえば、個性とはつまり周囲と比べて目立っている事だ。また多くの場合、その希少性も個性に含まれる。

今回紹介したのは、現代日本のファッションシーンでは数少ない『和テイスト』というジャンル。しかし、だからこそ、取り入れるだけで多くのファッションとの差別化が可能になる。

それが個性となるのがJXTIONだ。

近年、『和テイスト』が注目を集める理由の1つが、その希少性である。

 

まとめ

今回、『和テイスト』ブランドJXTIONとその人気アイテムを紹介した。

ファッションとは見た目だけを指す言葉ではない。こだわった素材や仕様の意味、またライフスタイルを育む概念がある。

JXTIONが表現する『粋』という概念。目に見える要素だけではなく、目に見えない要素も大切にする。

JXTIONの『粋な着こなし』=『お洒落な着こなし』ぜひJXTIONというブランドやアイテムに触れて、『和テイスト』と『粋』なファッションを楽しんでみてほしい。

 

一緒に読まれています

【メンズ】和服っぽい洋服ブランド!日本を感じる服装がラインアップ

和風メンズファッションブランドJXTION!その特徴や魅力をご紹介

和モダンのメンズ服ブランドをご紹介!おしゃれでハイセンスなファッション

JXTIONカテゴリの最新記事