生乾きの臭いを消す裏技!臭い原因は重曹、熱湯、アイロンで対策

 

雨が続く日が長いと、困るのは洗濯物ですよね!

太陽が出ていないですし、雨のせいで外に洗濯物を干すことができませんからね。

 

なかなか洗濯物を干すことができない、もしくは渋々部屋干しにして対処することでしょう。

これ・・・きっと多くの人が悩んでいることあると思います。

 

それが”洗濯物の生乾きの臭い”ですよね。

洗濯物が乾かないだけでなく、臭いまでも酷くなる部屋干しは、誰しもが悩む通り道だと思うのです。

 

この大きな問題。対処法は知っていますか?

生乾きの臭いを取ること・消すことができるようになれば、最高だと思いませんか?

 

ということで、今回は洗濯物の生乾きの臭いを消す方法を紹介していきます。

今までずっと悩んできたことは、これで解決しちゃいましょう!

スポンサードリンク

生乾きのせいで何度も何度も洗濯機を回すこともあった

 

雨が長く続く梅雨の時期。

このときの最大の悩みが洗濯物の生乾き問題です。

洗っても洗っても雨のせいで服がずっっと臭いのですからね!

 

なので、やっと洗濯物が乾いたと思っても臭いので、また洗ったりと手間と時間とお金がかかってしまったことが何度もあると思います。

こんなことがある度に、「くそーーーーーーー!!!!」と天気を恨んだことでしょう。

また、悔しくて乾いた洗濯物を投げ捨てたりしたことも・・・。

 

何度も洗濯することはとても面倒ですし、何度も洗うと服がよれよれになってしまうという悪循環だから。悩んじゃうんですよねー。

 

きっと、生乾き対策された洗剤を使用したことあるでしょう。

でも、それでも生乾きの臭いってするんですよね。

 

それでも何度も試行錯誤を繰り返し、やっといくつかの方法があることを発見したのです。

→ 髪の湿気対策!うねる・チリチリ・広がる・ボサボサの悩みを解決!

 

生乾きの臭いを消す裏技!臭い原因は重曹、熱湯、アイロンで対策

生乾きの原因を知ろう

臭い生乾きですが、このにはちゃんとした原因があります。

それが“雑菌”の存在です。

 

雑菌は水がとても好きです。

なので、熱を与えずにムシムシとした中で洗濯物を乾かすと、雑菌が繁殖してそいつらが臭いの原因になるのです。

 

なので、極論を言うと、乾燥機を使うと生乾きの臭いはしなくなるということになりますね。

 

重曹+熱湯で生乾き対策をしよう

生乾きの臭いは、雑菌だということがわかりました。

なので、重曹を使って雑菌対策をすることを考えられました。

 

重曹というのは、シンクを綺麗にしたりするときに使ったりしますよね。

大きく言うと、洗剤のような役割をしてくれるので、これで生乾き対策ができると思ったのです。

 

実際、重曹を使って靴の臭い消しをしたりする人がいます。

ただ、重曹を使う場合には、“熱湯”も一緒に使用することをオススメします。

 

雑菌は熱に弱いですし、熱湯を使うことによって重曹の力を高めることもできます。

冷たいより熱いほうが、浸透しやすいのです!

なので、熱湯を使える衣類に関しては、重曹と一緒に熱湯も使っちゃいましょう。

 

あとは、よく水を切って乾燥をしっかりと行いましょう!

最後まで気を緩めてはいけませんよ!

 

多くの人は、最後の最後で手を抜いてしまいます。

そうすると、せっかくの苦労が水の泡になりますので、せめて乾燥くらいは洗濯機の乾燥を使ってぬかりないようにしてくださいね。

→ 髪の湿気対策!うねる・チリチリ・広がる・ボサボサの悩みを解決!

 

重曹と熱湯を使うやり方

重曹と熱湯を使って行う生乾き対策。

これにはしっかりと、準備も必要です。

でも、簡単なので、しっかりと準備してくださいね。

 

準備

まず、重要なのが熱湯です。

熱湯はあっっっつあつのものが良い・・・わけではありません。

 

実は、50度くらいの熱さの熱湯がオススメされています。

熱湯は、重曹の効果を浸透させやすくする効果を期待することを重視しているので、熱すぎてはいけませんよ!

 

そして、この50度の熱湯に重曹を混ぜていきましょう。

気になる重曹の量ですが、これは・・・・好きな程度で十分です!

 

ただ、基準とされているのは、お湯1リットルに対し、重曹大さじ1~2くらいです。

なので、そこまで多く入れる必要がないということですね。

まぁ、これに関してはざっくりとしていても問題ありませんよ。

 

いざ実践して洗濯しよう

さぁ、洗濯の準備ができたら洗濯機の前に移動しましょう。

 

ここで1つ注意したいことがあるのですが、洗濯物を洗う時、色が落ちやすいものと移りやすいものを一緒に入れていけませんよ。

熱い熱湯を使うので、普段の洗濯よりも色が落ちやすくなっていますからね。

 

生乾き対策をしているはずなのに、別の悩みも抱えることになってしまっては意味がありませんからね!

なので、デニム生地と一緒に白い生地の洗濯物を一緒に洗濯するのはやめてくださいね。

 

さてさて、洗濯機の中に生乾き対処をしたいものを投入したら、準備した重曹を入れましょう。

 

そして、洗濯機を回さないで、30分ほど服を漬け込んでおきましょう。

洗濯機は回して洗濯するのではなく、漬けておくために洗濯機を使うということですね。

 

そして、臭いが取れたことを確認できたら、しっかりと洗濯機の乾燥機能を使って乾燥させましょう!

 

ここが重要ですよ!

しっっっっっっっかりと乾燥させましょうね!

 

そして、しっかりと干して乾かしましょう!

生乾きの敵は雑菌です。

なので、湿気が少ない場所でしっかりと乾燥させてくださいね。

→ 髪の湿気対策!うねる・チリチリ・広がる・ボサボサの悩みを解決!

 

アイロンで生乾き対策しよう

雑菌は、水が大好きです。

そして、嫌いなものが熱です。

 

ということは、アイロンでも生乾きの対策ができるということですね。

 

アイロンを使ってする生乾き対策ですが、とっても簡単な方法となっています。

その方法とは、生乾きのする洗濯物にアイロンをして、雑菌を死滅させるという方法です。

 

この方法はわざわざもう一度洗濯する必要がありませんので、手軽にできるアイデアとして人気ですよ!

また、雑菌を死滅させるだけでなく、服のシワも取ることができますので、一石二鳥の最高のアイデアです。

 

ただ、アイロンだけでは臭いの取れ方には限度がある場合があります。

そんな時には、重曹を使って臭いを消す方法を実践してみてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

梅雨の時期など、とっても困るのが生乾きです。

部屋干しをしていたら、洗濯物だけではなく、部屋自体も臭くなりますからね。

そんな時のために、しっかりと生乾き対策をしてみてくださいね。

これで今まで悩んでいたことも消しちゃいましょう!

 

【関連】

ダイエットは食事制限なしで痩せる簡単な方法!効果的に見た目が変わる成功体験

りんご狩りの時期は関東の長野が穴場でおすすめ!飯田、松川、安曇野で

紅葉の穴場スポットは関西(大阪・神戸)!子連れならドライブと一緒に楽しむ

紅葉とドライブを楽しむ関東旅!日帰りでも満足の穴場スポット

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、SNSボタンでシェアをよろしくお願いいたします。

あなたの親切がモチベーションに繋がりますので、よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク