浴衣の帯の結び方は簡単!女性は貝の口などアレンジの種類がたくさん

スポンサーリンク

 

浴衣の帯の結び方 「片花文庫」

出典:http://yukata-obi.blog.so-net.ne.jp/

 

次に紹介するのは、「片花文庫」という結び方を紹介していきます。

この結び方は、先程紹介した”花文庫”という結び方をアレンジした方法となっています。

 

そして、”片”花文庫と呼ばれる結び方だけあって、羽が片方しかありません。

なので、アシンメトリーなデザインがかなり特徴的ですね。

 

片方を長く垂らすので、カチっとした印象ではなく少し艶っぽい印象にしてくれます。

なので、大人の女性にはぜひしてもらいたい結び方ですね!

 

この片花文庫という結び方は、花文庫の結び方の方法を知っていれば、比較的簡単にすることができます。

まぁ、花文庫のアレンジした結び方ですからね…。

 

 

ちなみに、片花文庫という結び方には、”関西風””関東風”があるのです。

なんでも、帯を”左から右に巻くのが関西風”の結び方であり、逆に”右から左に巻くのが関東風”となっています。

 

なので、これを知っていないと、住んでいる地域の人から違和感を覚えられたり、注意されたりするかもしれませんね。(笑)

ということで、お住いの地域にあった結び方をしてみてくださいね。

 

浴衣の帯の結び方 「一文字」

出典:http://blogs.c.yimg.jp/

 

次に紹介する結び方は、「一文字」という方法です。

この帯の結び方は、文庫結びとは反対の印象ですね。

 

というのも、一文字は”文庫結びの羽を垂らさないでスッキリと綺麗に整えた形”にするからです。

なので、凛とした女性の印象を与えてくれる結び方であり、そこが魅力ですね。

 

そして、この一文字という結び方は、とても簡単なので初心者の方には挑戦してもらいたいものです。

また、型崩れしにくいですしね。

夏祭りとか人混みが多い時、帯がぶつかって崩れていくかもしれませんが、この結び方にすれば崩れにくいのでオススメです。

 

また、この方法は”帯の修正をしやすい”ので、少し崩れてきてもすぐに直せますよ。

 

 

一文字という帯の結び方は、幅広い年齢層の女性に愛されています。

というのも、”帯の形がシンプル”だからです。

 

シンプルなデザインは、どんな浴衣でもどんな女性でも合いますからね。

そして、凛とした印象も与えてくれるので、粋な女性に見せたい時には、この結び方はオススメですよ。

 

浴衣の帯の結び方 「貝の口」

出典:http://yukata-kitsuke.com/

 

次は、帯の結び方で今や定番となった「貝の口」という方法を紹介します。

貝の口の特徴は、”着崩れ知らず”というところですね。

 

貝の口の形を見てもらったらわかりますが、この帯は背もたれのある椅子に座っても心配がないのです。

安定感がとても良いので、人気のある結び方なのです。

 

さて、貝の口という結び方ですが、これも昔からある定番の方法となっています。

だからか、この結び方は、比較的年配の方に愛されている印象がありますね。

 

また、シンプルな帯の結び方である貝の口は、一見地味に見られがちです。

だから、貝の口の時には”帯留めなどの小物類”で可愛くアレンジする人が出てきます。

小物類を使わないパターンでは、帯をリバーシブルに変えたりして表情を変えていく方法もありますね。

 

 

貝の口はシンプルであるために、着崩れしにくいという利点があります。

なので、遠出する時などにはオススメしたい結び方ですね。

 

また、シンプルな形だから派手な浴衣との相性はよくないかもしれませんね。。


スポンサードリンク