アナーキー・マリ(逸見泰成)の死因は?死去の原因は病気(持病)か薬物か?

 

知る人ぞ知る人気パンクロックバンド「アナーキー」。

彼らのルックスのパンクさに憧れて、真似した世代の人もたくさんいることでしょう。

 

しかし、この度、このパンクロックバンド・アナーキーにとっても悲しいニュースが飛び込んできました。

多くのファンも悲しんだ大きなニュースとは・・・。

 

ということで今回は、バンド「アナーキー」のニュースについて見てみましょう。

 

スポンサードリンク

アナーキー・マリ(逸見泰成)の死因は?死去の原因は病気(持病)か?

2017年6月6日にパンクロックバンド「アナーキー」の悲しいニュースが飛び込んできました。

それはアナーキーのギタリスト「マリ」さんこと「逸見泰成」さんが亡くなっていたというニュースでした。

 

死去した日時

マリさんこと「逸見泰成」さんは、2017年6月4日に亡くなっていたことがわかりました。

逸見泰成さんは、”57歳”というとても若い年齢でお亡くなりになったそうです。

この報告は、音楽カルチャーを発信する東京の高円寺にあるショップ「フウドブレイン」のブログで2017年6月6日に発表されました。

 

マリ(逸見泰成)が亡くなった原因・死因は?

逸見泰成さんの亡くなった原因ですが、これは公表されていません。

死因が公表されていないということなので、恐らく突然亡くなったことが推測されます。

ということは、持病などはなかった可能性が高いと思います。

 

また、交通事故などの原因ではないことも推測可能です。

もし、交通事故で亡くなったならば、もっと大きなニュースになっている可能性もありますからね。

 

アナーキーの経歴

アナーキーは1978年にバンドを結成されました。

そして、翌年にはヤマハ主催のアマチュア音楽コンテスト「EASTWEST」で優秀バンド賞を獲得。

さらに、最優秀ボーカリスト賞にも輝いていました。

 

80年にはシングルCD「ノット・サティスファイド」がリリースされ、アルバム「アナーキー」もリリースされました。

このCDにより、アナーキーは一躍人気バンドとなりましたが、2001年には活動休止。

多くのファンに惜しまれ、パンクロックバンド「アナーキー」は幕を閉じたのです。

しかし、2008年にはドキュメンタリー映画「アナーキー」が公開されていました。

 

スポンサードリンク

まとめ

死因が判明していないため、逸見泰成さんの死去の原因には薬物も疑われました。

まぁ、パンクロックバンドといえば・・・・というイメージもあるのでしょうね。

 

しかし、コレに関しては完全にイメージなので、確証はありません。

一体、逸見泰成さんは何故なくなったのか・・・・。

この原因がわかれば追記していきましょう。

 

→ BONNIE PINKの父親の死因は何?母親や兄弟など家族構成はどんな感じ?

→ 川越美和の孤独死の死因は心不全か薬物か?城野よしかずが引退理由など過去を暴露

→ Dragon Ashのメンバーが死去!死因は何か、スクープはあったのか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。

 

スポンサードリンク