イナズマロックフェスの服装と靴のオススメは?男子のフェス定番ファッションは?

スポンサーリンク

 

イナズマロックフェスは、毎年9月に滋賀県の琵琶湖に面した烏丸半島芝生広場で2日間にわたり開催されています。

「音楽を通じて地元に恩返しがしたい」という西川貴教さんの想いから、メインステージのある有料エリアの他に、地元食材を用いたB級グルメを味わったり、地域観光資源のPRブースを見ることができる無料エリアが用意されています。

 

動員数は10万人を超えており、非常に地域経済効果が大きな野外フェスです。

今回はそんなイナズマロックフェスに参加する時の服装、なかでも男性のファッションについてお話しします。

 


スポンサードリンク

イナズマロックフェスの服装と靴のオススメは?男子のフェス定番ファッションは?

 

目次

❶イナズマロックフェスとは?

❷会場の特徴

❸定番ファッション

❹靴

❺暑さ対策・寒さ対策

 

❶イナズマロックフェスとは?

 

まずは、イナズマロックフェスとはどのような特徴があるフェスなのかをチェックしてみましょう。

 

先に書いたように、このイナズマロックフェスでは西川貴教さんの想いから有料エリアと無料エリアを使い、音楽のみならず様々なイベントが行われています。

メインステージでは有名アーティストのライブが行われ、無料エリアにはブレイクを目指す若手アーティストが立つステージも用意されています。

 

そして何より、音楽以外のブースも充実しており、ご当地グルメの物販や滋賀の魅力をPRするブース、キッズエリアが設置されているので夏祭りのような感覚で遊びに行くこともできるフェスと言えるでしょう。

また今年は、昨年途中で中止になった代替公演が前日に行われることになっています。

 

❷会場の特徴

 

イナズマロックフェスの会場は、有料エリアと無料エリアに分かれていますが、その中でも有料エリアのメインステージは琵琶湖をバックにステージを見ることができます。

このように湖に隣接した会場では、日が沈んでくると一気に肌寒く感じるかと思うので防寒対策をしておきましょう。

 

それから、前述したように有料エリア、無料エリア共に様々なイベントが催されていますが、チケットと引き換えのリストバンドを着けていれば開場から終演までいつでも入退場することができるのでどちらのエリアでもフェスを楽しむことができます!

 


スポンサードリンク

❸定番ファッション

 

ここから、イナズマロックフェスの定番ファッションについてご紹介していきます。

 

はじめに、男女ともに共通していえることは、一日を通してたくさん動きまわるので動きやすい服装を選びましょう。

そして日陰となる場所が少ない上、イナズマロックフェスは9月の蒸し暑い日に行われるので暑さ・紫外線対策はしっかりとしておきましょう。

また、日が沈んだ後の寒さ対策も忘れないでくださいね。

 

では、まずはトップスですが、圧倒的に多く見かけるのはフェス定番のTシャツです。

イナズマロックフェスのフェスTシャツを着るのもよし、好きなアーティストのTシャツを着て行くのも良し、お気に入りのTシャツを着てフェス気分を思いっきり味わってきてください!

 

何度か参加している方は過去のフェスTシャツを着て行くのも良いですし、初めての参加でフェスTシャツを持っていない方も当日グッズショップにて購入し、その場で着ることもできるので、不安にならなくて大丈夫ですよ!

 

次にボトムス!男性の場合、ハーフパンツを履いて来ている方がほとんどです。

通気性などの機能面を重視してジーンズなどの生地は出来るだけ避け、動きやすく蒸れない素材を選ぶと良いでしょう。

 

また紫外線や寒さ対策として、ハーフパンツの下にレギンスを合わせた登山スタイルの男性も見かけます!

ちなみに、とくにオススメのボトムスは水着(サーフパンツ)です!

 

最近のサーフパンツはお洒落なデザインが増えて来ているので、フェス会場への移動中から履いていっても何ら違和感もありませんし、素材性も抜群!突然の雨にも慌てることもないので、結構優れものです!

 

❹靴

 

靴は会場内、会場への移動などでとにかくたくさん歩くので履き慣れているものを選ぶことを強くオススメします。

(過去に張り切って新しい靴をおろしていったら、見事に靴擦れし苦しんだことがあります…(苦笑))

 

一番のオススメはスニーカーです。

動き回ることもできるし、ステージに近い人の沢山いるところで万が一踏まれることがあっても脱げる心配もありません。

人の多いところにもドンドン入っていって騒ぎ倒したい!という方は、スニーカーを選びましょう。

 

それとは反対に、足を踏まれるほどのところで騒がない!という方には、クロックスもオススメです。

スニーカーは長時間履いていると蒸れてくることがありますが、クロックスだとその心配もなく、長時間履いていても快適です。

ただし、普段そんなに長時間クロックスを履いたことがないという方は、やはりスニーカーとは違い底が薄っぺらいので、疲れてしまう可能性が高いので気をつけてくださいね。

 


スポンサードリンク

❺暑さ対策・寒さ対策

 

最後に、暑さ対策・寒さ対策をご紹介します!

 

暑さ対策のため、帽子は必ず用意しておきましょう。

また、それ以外に服の機能面(通気性や吸汗性)で暑さ対策をはかるのも良いでしょう。

 

次に寒さ対策には、パーカーなど何か1枚上に羽織るものを持っておくのが良いでしょう。

 

上に服を着るほどじゃない!という方は、バスタオルのような大きなタオルを肩にかけるだけでも良いかと思います。

(フード付きのタオルにしておくと、暑さ対策も兼ねることができます)

 

しっかりと定番ファッションもチェックし、お気に入りの服装が見つかったとしても、それで体調を崩してしまっては大変です。

蒸し暑い日、朝から夜まで1日を通して開催され、気温差もあるので、しっかりと対策を怠らず、十分に楽しんできてくださいね。

 


スポンサードリンク

引用先

当記事の写真は、イナズマロックフェスの公式サイトから引用しています。

引用:https://www.facebook.com/pg/InazumaRock/photos/?ref=page_internal

 

関連記事:イナズマロックフェスの服装と靴のオススメは?女子のフェス定番のファッションは?

関連記事:イナズマロックフェスの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

関連記事:FREEDOMの服装と靴のオススメは?女子のフェス定番ファッションは?

関連記事:ULTRA JAPANの服装と靴のオススメは?男子のフェス定番ファッションは?

関連記事:SUMMER SONICの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。

 


スポンサードリンク