ULTRA JAPANの服装と靴のオススメは?女子のフェス定番ファッションは?

スポンサーリンク

 

2014年に日本に初上陸し、初年度は4万人、翌年は9万人、そして昨年は過去最高となる12万人を動員した、大きな盛り上がりをみせている国内最大級のEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)フェス、ウルトラジャパン!

2017年も9月16日より3日間の開催が予定されており、今年もどのようなフェスになるのか、開催される世界各国にて注目されている、とても期待度の高いフェスです。

今回はそんなウルトラジャパンに参加する時の服装、なかでも女性のファッションについてお話しします。

 


スポンサードリンク

ULTRA JAPANの服装と靴のオススメは?女子のフェス定番ファッションは?

 

目次

❶ウルトラジャパンとは?

❷会場の特徴

❸定番ファッション

❹靴

❺暑さ対策・寒さ対策

 

❶ウルトラジャパンとは?

 

まずは、ウルトラジャパンとはどのような特徴があるフェスなのかをチェックしてみましょう。

 

ウルトラは1998年に始まり、毎年アメリカのマイアミで開催されてきました。ウルトラというその名前の通り、出演DJの人数やラインナップの豪華さはフェスの中でも凄まじいものです。

日本では「EDM」の火付け役ともなったウルトラジャパン、毎年世界のトップDJが集まってきて会場を盛り上げてくれるので今年も期待大です!

 

都市型フェスでアクセスも良いので、フェスに参加したことがない方でも気軽に日帰りで参加できるフェスとなっています!

(ただし、かなりの人気なので早めに計画を立ててチケットを入手してくださいね)

 

❷会場の特徴

 

ウルトラジャパンはお台場の特設広場にて開催される都市型フェスです。

会場へはバスや電車などの公共交通機関を使って都心部から好アクセスなことはもちろん、まわりにはダイバーシティや芝生がひろがっているので周辺環境も抜群です。

 

一度チケットを交換しリストバンドをつけていれば、1日自由に入退場をすることができるので、この周辺施設にて少しばかりの休憩をとることもできます。

このように、周辺環境が整っている都市型フェスでは、登山スタイルのようなフェススタイルではなく、比較的自由に、自分の好きな服装で楽しんでいる方が多いです。

 


スポンサードリンク

❸定番ファッション

 

前述したとおり、ウルトラジャパンに参加している人たちの服装は、他のフェスに比べてとても自由で、みなさん好きな服を着てお洒落も思う存分楽しんでいます。

 

ウルトラジャパンでは、会場が都心部で環境が整っているということもあり、フェス仕様の重装備で行かずとも楽しむことができるのです。

なので、参加される予定の方は、ファッションも自由に楽しみ、思いっきりフェス気分を上げて楽しんできてくださいね!

 

とはいっても、野外フェスであることに変わりはないので、極端に動きにくかったり、暑かったり、寒かったりするような服装は避けておくことをオススメします!

なので、ここで野外フェス定番の服装をご紹介していきます。

 

では、まずは女性の定番ファッションですが、トップスはTシャツやタンクトップ、ビキニ、このうちのどれかを着ている方が多いです。

何せウルトラジャパンには音楽、ダンス好きのお洒落さんが多く集まってくるので参加者の服装が派手で露出も多いのが特徴的です!

 

せっかくのイベントだし!と思い切って肌を露出するのも良いかと思いますし、あんまり肌を露出しすぎるのは…と思う方はタンクトップやTシャツで露出は控えめに、デザインを思いっきり派手なものにしてお洒落をするというのも良いかと思います。

 

そして、これに合わせるボトムスはフェス定番のショートパンツという人もいれば、ワイドパンツのような丈の長いパンツスタイル、ミニ丈のチュールスカートなど、こちらも個性によって様々です!

トップス同様に、ご自身が動きやすく、疲れないと感じるものであれば自由に好きなものを履いていくと良いかと思います。

(動きやすさという面では、野外フェスではただ踊ったり動き回るだけでなく、地面に座ったりすることもあるのでスカートを履くときにはショートパンツやビキニを中に合わせるなど一工夫しておくことをオススメします)

 

❹靴

 

靴は会場内、会場への移動などでとにかくたくさん歩くので履き慣れているものを選ぶことを強くオススメします。

(過去に張り切って新しい靴をおろしていったら、見事に靴擦れし苦しんだことがあります…(苦笑))

 

一番のオススメはスニーカーです。

動き回ることもできるし、ステージに近い人の沢山いるところで万が一踏まれることがあっても脱げる心配もありません。

人の多いところにもドンドン入っていって騒ぎ倒したい!という方は、スニーカーを選びましょう。

 

それとは反対に、足を踏まれるほどのところで騒がない!という方には、クロックスもオススメです。

スニーカーは長時間履いていると蒸れてくることがありますが、クロックスだとその心配もなく、長時間履いていても快適です。

 

ただし、普段そんなに長時間クロックスを履いたことがないという方は、やはりスニーカーとは違い底が薄っぺらいので、疲れてしまう可能性が高いので気をつけてくださいね。

(女性のなかでたまにヒールのある靴を履いている方を見かけます。フェスは大規模な会場で1日中踊ったり、走り回ったりします。最後まで全力で楽しむためにも、履き慣れた疲れにくい靴を履いて行ってくださいね)

 


スポンサードリンク

❺暑さ対策・寒さ対策

 

最後に、暑さ対策・寒さ対策です!

暑さ対策のため、帽子を持っていると良いでしょう。

 

しかし、都市型フェスのため必ず帽子でなくとも、フード付きのタオルなどでも暑さは十分凌げるかと思います。

あとは、最近は様々な服の素材があるので、服の機能面(通気性や吸汗性)で暑さ対策をはかるのも良いかと思います。

 

寒さ対策には、パーカーやカーディガンのような何か1枚羽織るものを持っておくのが良いでしょう。

上に服を着るほどじゃない!という方は、バスタオルのような大きなタオルを肩にかけるだけでも良いかと思います。

 

しっかりと定番ファッションもチェックし、お気に入りの服装が見つかったとしても、それで体調を崩してしまっては大変です。

蒸し暑い日、朝から夜まで1日を通して開催されるので気温差もあるので、しっかりと対策をして楽しんでくださいね。

 

引用先

当記事の写真は、ULTRA JAPANの公式サイトから引用しています。

引用:http://ultrajapan.jp/

 


スポンサードリンク

関連記事 一覧

関連記事:ULTRA JAPANの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

関連記事:FREEDOMの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

関連記事:ULTRA JAPANの服装と靴のオススメは?男子のフェス定番ファッションは?

関連記事:ARABAKI ROCK FEST.の楽しみ方はコレだ!フェスご飯も美味しいよ

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。

 


スポンサードリンク