髪の湿気対策!うねる・チリチリ・広がる・ボサボサの悩みを解決!

スポンサーリンク

 

髪の毛のチリチリ・ボサボサ対策

雨の日に髪の毛がチリチリになったり、ボサボサになったりするのは、当然原因があります。

それは、”湿気のせいで髪の毛の水分量が増えることが原因”だとされています。

 

要は、「傷んでいる髪+水分量の増加」が原因ということですね。

ということは、健康な髪の毛ならば、雨が降って湿気がひどくても、髪が広がることがないのです。

 

そもそも、湿気が髪に入ってくるということは、傷んだ部分から水分が入ってくるということです。

なので、健康な髪は、水分量が均一なため水分が入ってくるところがないor少ないのです。

 

しかし、傷んだ髪になるとキューティクルが剥がれている部分から水分が入ってきます。

 

また、キューティクルが剥がれている部分は、その髪によって異なっています。

髪のダメージは、1本1本違っているということです。

その結果、髪の毛が膨張して髪がチリチリになったり、ボサボサになって広がったりするのです。

 

なので、まとまらない髪の原因は、傷んだ髪にあるということですね!

関連記事:FREEDOMの服装と靴のオススメは?男子のフェス定番ファッションは?

 

髪をまとめる為の対処法

髪の毛をまとめる為の対処法はいくつかありますので、紹介していきましょう。

まずは、ブラッシングです。

 

ブラッシング

ブラッシングを侮っている人がいますが、それは考えは改めましょう。

 

ブラッシングをすることによって、偏った水分を全体に行き渡らせることができます。

そうすると、髪のケアをすることができます。

 

ちなみに、オススメのブラシは、目が粗いものです。

豚毛や猪元などの天然素材の出来ているものがベターです。

 

そして、柄の部分は木製で出来たものが良いですね。

というのも、木製できたブラシならば、静電気が起きにくいのです。

なので、こういった素材のものを選ぶようにしましょう。

 

また、ブラッシングをする時には、濡れた髪の時にはなるべく控えましょう。

濡れたままの状態でブラッシングをすると、髪の毛が痛みやすいです。

なので、ブラッシングをする時には、髪を乾かしてからすることを心がけてくださいね。

 

ドライヤーで対策

ドライヤーをかけるときにも、十分注意が必要です。

何の気なしに、適当にドライヤーをしていると髪の毛が痛みます。

 

なので、ドライヤーをかける時は、鱗状になっているキューティクルに逆らわないようにしましょう。

「上から下に」これがドライヤーの当て方です。

 

ドライヤーで髪を乾かす時には、根本から毛先の方向に当てることを心がけましょう。

頭を下げて髪を逆立てるのも良いかもしれませんね!

特に髪の長い女性は、この方法が良いでしょう。

 

スタイリング剤で対策をしよう!

雨の日には必ずスタイリング剤でコーティングしている人もいるでしょう。

確かに、スタイリング剤は髪の表面をコーティングしますので、余分な水分の吸収を防ぐことが出来ますからね!

 

さて、スタイリング剤ですが、今は本当に多くの種類が販売されています。

なので、スタイリング剤はかなり使えるものが多いです。

 

朝にシャワーを浴びる方は、ドライヤーで髪を乾かす前には、オイルタイプの洗い流さないトリートメントを使うと良いでしょう。

これだけで髪の毛の水分のケアが出来ますよ。オススメです。

ただ、表面のケアをする洗い流さないトリートメントの前に、髪の毛の内側のケアも忘れてはいけませんよ。

 

そして、最後には、ヘアスプレーやワックスで髪の表面に膜を作るのも良いかもしれません。

髪を守るためのケアは十二分にしておきましょう。


スポンサードリンク