ROCK IN JAPANの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

スポンサーリンク

 

毎年8月に茨城県ひたちなか市にて開催されるロックインジャパン!

年々来場者数が増えており、昨年も開催日4日間とも6万人を超す来場者で、かなりの盛り上がりを見せている、いま注目のフェスの一つといえるでしょう。

今回はそんなロックインジャパンに参加する時の持ち物についてお話しします。

 


スポンサードリンク

ROCK IN JAPANの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

 

目次

❶ロックインジャパンとは?

❷会場の特徴

❸持ち物(必需品)

❹あると便利な持ち物

❺ロックインジャパンで役に立つ持ち物

 

❶ロックインジャパンとは?

 

まずは、ロックインジャパンとはどのような特徴があるフェスなのかをチェックしてみましょう。

 

このロックインジャパンのまず大きな特徴は、日本人だけでロックフェスを!という思いから、邦楽中心のフェスであるということです。

洋楽はあんまり聞かないからフェスは…と感じる人もロックインジャパンであれば参加しやすいかと思います!

 

❷会場の特徴

 

ロックインジャパンの会場は、とても広い平地です。木陰も少なく、開催日が蒸し暑い日であることが多いので、暑さ対策はしっかりとして参加することをオススメします。

 

会場が広いこともあり、ロックインジャパンでは6つのステージでパフォーマンスが行われています。

各ステージごとに、スタンディングゾーンはもちろん、シートゾーンやテントゾーンが設けられているので、タイムテーブルと一緒にオフィシャルサイトで確認しておきましょう!

とくに、今年からシートゾーン、テントゾーンに加え、イスゾーンが新設されるようなので、自分のみたいアーティストが立つステージには、どのようなものを持ち込むことができるのか確認してみてください。

 

なお、テントゾーンやテントの森では休憩用のテントを張ることができますが、タープのようなロープを利用して張るタイプのものは禁止されています。

このような禁止事項も忘れず、目を通しておきましょう。

 

また、ロックインジャパンではクロークが用意されています。

1日1000円で預けることができ、出し入れも自由に行えるので、有効活用しましょう!

ただし、クローク袋は80cm×90cm!この袋に入る荷物のみ預けることができるので、注意してくださいね。

 


スポンサードリンク

❸持ち物(必需品)

 

必需品、あると便利なもの、ロックインジャパンの会場だからこそ役に立つであろうものに分けて、持ち物についてご紹介していきます。

 

全て持参できると安心ではありますが、荷物が多くなりすぎるとそれだけで疲れてしまい、せっかくの楽しいフェスを全力で楽しめなくなってしまいます。

自分が使うであろうものに絞る!

また、フェス会場までどのような交通手段で行くのかといったこともしっかり確認してから、持ち物を用意するようにしてください。

 

では、まずは必要となるであろう持ち物からご紹介していきます。

 

・チケット

・現金
(余分なお金やカードは持っていかず、必要な分だけ持参するようにしましょう)

・腕時計
(ステージ移動の際などに便利!ただ、日焼けで腕時計跡がクッキリ!?とならないよう、ご注意ください)

・タオル

・ティッシュ

・日焼け止め

・レイングッズ
(GRASS STAGEテントゾーン、テントの森以外は傘の使用はできないことになっていますので、傘よりはカッパなどのレイングッズをオススメします)

・大きめのゴミ袋
(着替えを入れたり、簡易的なレジャーシート代わりに、また雨が降った時に荷物が濡れないよう入れておくのも良いかと思います)

・扇子
(うちわや電動扇風機よりコンパクトに持ち運びができるのでオススメです)

・飲み物
(ロックインジャパンではビンカン類の持ち込みが禁止されています。ペットボトルやマイボトルで持参しましょう)

・Tシャツの着替え
(フェス会場で当日Tシャツを買う!という方は必要ないかもしれません)

 

❹あると便利な持ち物

 

次に必需品!とまではいかないけれども、持っていると便利なものをご紹介します。

 

・簡易充電器
(日が落ちてきた時に携帯のライトを使おうと思ったけど充電がない?!なんてことを防いでくれます)

・お菓子
(アーティストとアーティストの間の待ち時間、飲食ブースはかなり混み合うので、その場ですぐに取り出せる用に少しでも持っておくと便利です)

・予備の靴下

・汗拭きシート

・ジップロック

・常備薬

・防水スマホケース
(私はいつもジップロックで代用しています)

 


スポンサードリンク

❺ロックインジャパンで役に立つもの

 

最後に、ロックインジャパンの会場だからこそ役に立つであろうものをご紹介します。

 

・ウエストポーチ
(大きな荷物はクロークへ預け、会場内で身につけるようにウエストポーチを持っておくと身軽に動けます)

・レジャーシート
(オフィシャルサイトにて2×2m推奨となっていました。また、会場での販売はないので持参することとのことです)

・折りたたみ椅子

・テント
(オフィシャルサイトにて3×3m推奨、またタープタイプのテントやパラソルの使用は禁止と記載されていました)

・クーラーボックス
(オフィシャルサイトより。GRASS STAGE後方のシート、イス、テントゾーンとテントの森のみ持ち込みができるようです)

 

以上が、ロックインジャパンの持ち物ガイドでした!

 

引用先

当記事の写真は、ROCK IN JAPANの公式サイトから引用しています。

引用:http://rijfes.jp/2017/gallery

 


スポンサードリンク

まとめ

夏フェスの定番となった「ROCK IN JAPAN」。

朝から晩までずっと楽しい音楽フェスなので、満足度がかなり高いですよね。

いろんなモニュメントや自然がるので、記念撮影をたくさんして、思い出をたくさん作ったりと最高の音楽フェスとなっています。

 

そのROCK IN JAPANを最高に楽しむためにも、やっぱり準備は万端にしておきましょう!

忘れ物がないように準備して、便利なものも用意しておきましょう!

みなさんが万全の状態でフェスに参加し、思う存分フェスを楽しんでこれますようお祈りしています!

 

関連記事:ROCK IN JAPAN FES.の注意ガイド!クロークや休憩場所やアクセスについて

関連記事:ROCK IN JAPAN FES.は食事(グルメ)も楽しみ!初心者の過ごし方ガイド

関連記事:FUJI ROCK FESTIVALの服装と靴のオススメは?女子のフェス定番ファッションは?

関連記事:FUJI ROCK FESTIVALの服装や靴など用意は万全に!初心者が気をつけたいこと

関連記事:VIVA LA ROCKの楽しみ方は前夜祭から!開催地や宿泊場所も紹介

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。

 


スポンサードリンク