SUMMER SONICの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

スポンサーリンク

 

夏フェスの中でも特に知名度の高いサマーソニック!

サマーソニックは2000年に山梨と大阪で始まりました。翌年以降は会場を千葉と大阪に移し、2日間同時開催されるようになりました。

 

今では東京会場と大阪会場で2日間の観客動員数が20万人を超えており、超大型の人気フェスです。

音楽のジャンル、ファンの年齢層も幅広く、たくさんの人から愛されている野外フェスといえるでしょう!

 

今回はそんなサマーソニックに参加する時の持ち物についてお話しします。

 


スポンサードリンク

SUMMER SONICの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

 

目次

❶サマーソニックとは?

❷会場の特徴

❸持ち物(必需品)

❹あると便利な持ち物

❺サマーソニックで役に立つ持ち物

 

❶サマーソニックとは?

 

まずは、サマーソニックとはどのような特徴があるフェスなのかをチェックしてみましょう。

 

サマーソニックは、東京会場と大阪会場で同時開催され、1、2日目で東京と大阪の出演アーティストが入れ替える、というシステムになっています。

なので、東京と大阪のどちらの会場に参加しようとも同じアーティストのライブを楽しむことができます!

 

また、「日帰りで気軽に行ける」「都市型夏フェス」ということをコンセプトに開催されているので、都市部からのアクセスも良く、野外フェス初心者でも参加しやすいフェスになっています。

そして、音楽のジャンルは洋楽やロックだけでなくJ-POPなど幅広く扱われているので、様々な趣味嗜好の人が集まるフェスです!

 

❷会場の特徴

 

サマーソニックは都市型夏フェスのため、アクセスが良いだけでなく、会場設備も山間部などで開催される野外フェスに比べて整っています。

ステージ数は他の野外フェス同様に6、7ステージと多いので、事前にタイムテーブルをしっかりと確認してステージ間の移動を把握しておく必要はありますが、「川を越え、山道を歩く」というわけではないので、ステージ間の移動はスムーズに行うことができます!

 

そして、メインステージは野外ですが、なかには屋内ステージも用意されているため室内で休憩することも出来るようになっています。

なので、野外フェスだからといってしっかりとした重装備でなくとも、身軽に参加することができるのです。

とはいっても、メインの野外ステージにいる時には直接日差しを浴びることになりますし、人がたくさん密集していて熱気もあるので、必要最低限の暑さ対策などはしておくことをオススメします。

 

それ以外に、東京会場ではスタジアムに備え付けのロッカーを使うことができたり(数に限りがあるので注意)、それとは別に各ステージの入り口付近にクロークも設置されるようなので(1000円で出し入れ自由)上手く活用し、出来る限り手荷物を少なくしておくと良いでしょう。

 


スポンサードリンク

❸持ち物(必需品)

 

必需品、あると便利なもの、サマーソニックの会場だからこそ役に立つであろうものに分けて、持ち物についてご紹介していきます。

全て持参できると安心ではありますが、荷物が多くなりすぎるとそれだけで疲れてしまいます。せっかくの楽しいフェスを全力で楽しむためにも、身軽な格好で参加しましょう!

では、まずは必要となるであろう持ち物からご紹介していきます。

 

・チケット

・現金
(余分なお金やカードは持っていかず、必要な分だけ持参するようにしましょう)

・タオル

・日焼け止め

・レイングッズ
(会場内での傘の使用は禁じられているので、レインコートを持参しましょう)

・大きめのゴミ袋
(着替えを入れたり、雨が降った時に荷物が濡れないよう入れておくのも良いかと思います)

・扇子
(うちわや電動扇風機よりコンパクトに持ち運びができるのでオススメです)

 

❹あると便利な持ち物

次に必需品!とまではいかないけれども、持っていると便利なものをご紹介します。

 

・簡易充電器
(日が落ちてきた時に携帯のライトを使おうと思ったけど充電がない?!なんてことを防いでくれます)

・お菓子
(アーティストとアーティストの間の待ち時間、飲食ブースはかなり混み合うので、その場ですぐに取り出せる用に少しでも持っておくと便利です)

・汗拭きシート

・常備薬

・飲み物
(サマーソニックではビンカン類の持ち込みが禁止されています。持って行く場合にはペットボトルを!また、ペットボトルもステージ内への持ち込みは水のみ持ち込み可能となっているので注意が必要です)

 


スポンサードリンク

❺サマーソニックで役に立つもの

 

最後に、サマーソニックの会場だからこそ役に立つであろうものをご紹介します。

 

・ウエストポーチ
(ロッカーやクロークに頻繁に使わない荷物は預け、必要なものだけを身につける用に持っておくと便利です)

・交通系ICカード
(都市型フェスのため、大半の人が公共交通機関を使って帰ります。帰りの切符売り場は大混雑が予想されるので、切符を買わずともサッと改札を通れるように用意しておきましょう)

以上が、サマーソニックの持ち物ガイドでした!

 

引用先

当記事の写真は、SUMMER SONICの公式サイトから引用しています。

引用:http://www.summersonic.com/2013/gallery/index.html

 


スポンサードリンク

まとめ

夏の定番音楽フェス「SUMMER SONIC」。

洋楽が好きな方は、絶対に参加したいと願う音楽フェスではないでしょうか。

日本では滅多に見ることが出来ないアーティストを1日で何組も見れる貴重な機会ですからね。

 

このフェスに参加するために、万全の準備をしておきましょう!

持ち物ガイドを見て、忘れ物をないようにして、用意だけは前もってしておくのもいいかもしれませんよ。

みなさんが万全の状態でフェスに参加し、思う存分フェスを楽しんでこれますようお祈りしています!

 

関連記事:SUMMER SONICで気をつけたいこと!持ち物やチケット、宿泊場所について

関連記事:SUMMER SONICの楽しみ方!会場内には遊びのスポットがたくさん

関連記事:ラッシュボールの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

関連記事:メトロックの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

関連記事:イナズマロックフェスの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。

 


スポンサードリンク