MAN WITH A MISSIONの素顔からメンバーの年齢・出身・本名が判明!?

 

正体不明のバンド「MAN WITH A MISSION」。

「突如現れたカッコよすぎるバンド、こいつらの正体は誰だ?え!?オオカミ!?」

こんな反応になった人が大勢いたことでしょう。

 

オオカミのバンドとは本人たちは言っているが、正体が気になる・・・。

今回は、そんなオオカミバンドMAN WITH A MISSIONの素顔について見ていきましょう。

 


スポンサードリンク

MAN WITH A MISSIONとは?

2010年の活動開始以降、そのクオリティーの高い楽曲、卓越した演奏スキル、確立された圧倒的な世界観と一度見れば忘れることのできない「オオカミ」のルックスで話題を集める人気ラウドロックバンドです。

1997年にHi-STANDARD主催で開催された伝説の野外ロックフェスティバル「AIR JAM」での演奏に感銘を受けたことから音楽活動を開始します。

 

メロディアスで耳なじみの良い楽曲が並び、パンクロックやハードコア、エレクトロなどの様々なジャンルを取り込みながらMAN WITH A MISSIONとしてのオリジナリティー溢れるサウンドが魅力です。

「マンウィズ」、「MWAM」の愛称で親しまれ、度重なるメディアでのピックアップや楽曲提供、大型音楽フェスティバルへの参加、ツアーの敢行といったアプローチで国内外問わず人気と注目を集める台風の目となりました。

 

MAN WITH A MISSIONの正体について

顔はオオカミで身体は人間という「究極生命体」というコンセプトであり、その「オオカミ」の覆面(!?)をしたルックスが相まって、その正体にフォーカスがあてられることが多かったのですが、長らく公式からのアナウンスや確実な情報はないという状態が続いていました。

Twitterを始めとするSNSやインターネットでは奇想天外なものを含め説や憶測が飛び交いました。

 

推測が飛び交う

中には楽曲で流暢な英語を披露し、インタビューでカタカナ日本語を話すところから「中身は外国人説」や、同じく覆面バンドとして活躍をしていた元BEAT CRUSADERSのフロントマンである「ヒダカトオル説」などの説もありました。

しかし、情報が集まってくる中で遂に最有力と言える説がまことしやかに語られるようになりました。

 

それが「GRANTZ説」です。

そこでGRANTZとMAN WITH A MISSIONの関係性や噂の真相に迫っていきます。

記事:MAN WITH A MISSIONの人気曲ランキングTOP10!ファンおすすめ曲も紹介

 

「MAN WITH A MISSION=GRANTZ」の確証は?

GRANTZ(グランツ)とは2001年にメンバーの地元である茨城県にて結成され、都内でも活発にライブ活動を続けていたミックスチャーロックバンドです。

バンド名の由来は「クソガキ」というスラングからきています。

残念ながら2009年に解散してしまっていますが、MAN WITH A MISSIONの活動開始が2010年ということを考えると合点します。

 

そして、MAN WITH A MISSIONの記念すべきデビューアルバムである「WELCOME TO THE NEWWORLD」にGRANTZの楽曲である「ROCK IN THE PARTY」が収録されているというのも「MAN WITH A MISSION=GRANTZ」という説を裏付ける決定的な要因となりました。

 

他にもGRANTZの代表曲「RAIN OF JULY」を「7月の雨」、と曲名を変更して発表、「NOTHING’S GONNA CHANGE MY WAY」、「SCENT OF YESTERDAY」、「NEVER FXXKIN’ MIND THE RULES」は引き継いで発表しています。

 

MAN WITH A MISSIONの名曲として名高い「Memories」はGRANTZの「DON’T LEAVE BE HIND」のリアレンジであるということも各省の一つです。

MixiのGRANTZの告知などを行っていた投稿者の名前が「オオカミ野郎」というのも気になります。

 

そしてGRANTZが活動当時に所属していた事務所が、現在MAN WITH A MISSIONが所属している事務所である「eggman Co.,Ltd」であり、その事務所の代表者がGRANTZのベーシストである「西田旭人」であるというのもおもしろいです。

何より両バンドを聴き比べてみると、やはり楽曲の雰囲気や世界観、Tokyo Tanakaの独特なヴォーカルスタイルと声があまりに似ていることを確認できます。

記事:鬼龍院翔のすっぴん免許証が可愛い!彼女のプリクラも流出?

 


スポンサードリンク

MAN WITH A MISSIONの素顔からメンバーの年齢・出身・本名が判明!?

 

Tokyo Tanaka(トーキョー・タナカ)

本名:片岡剛(カタオカツヨシ)

出身:茨城県つくば市

血液型:O型

生年月日:不明

備考:2007年結婚の既婚者

 

Jean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー)

本名:吉末拓史(ヨシスエヒロシ)

出身:東京都渋谷区

血液型:B型

生年月日:不明

 

Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ)

本名:西田旭人(ニシダアキト)

出身:茨城県つくば市

血液型:O型

生年月日:不明

 

DJ Santa Monica(DJサンタ・モニカ)

本名:中嶋宏明(ナカジマヒロアキ)

出身:不明

血液型:不明

生年月日:不明

 

Spear Rib(スペア・リブ)

本名:前原篤士(マエハラアツシ)

出身:不明

血液型:不明

生年月日:不明

 


スポンサードリンク

検証結果

正直なところ、GRANTZ自体のバンドとしての知名度があまり高くないため、情報がほとんどないのが実情です。

しかしながら今後の活動次第で、もっと情報が解禁されたりわかってくることが増える可能性が大いにあります。

 

ワールドワイドに活躍するMAN WITH A MISSIONの音楽だけでなく、顔はオオカミで身体は人間である「究極生命体」であるというコンセプトのままいくのか、素顔や正体に関する情報にも目が離せませんね。

 

関連記事:樽美酒研二のすっぴん素顔の笑顔やメガネ姿がイケメンすぎる

関連記事:秋元梢のすっぴんおでこ上げが可愛い!ブサイクの評判を吹き飛ばす

関連記事:御伽ねこむの「すっぴん」集!本名や性格、シコり事件について特集!

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。

 


スポンサードリンク