ULTRA JAPANの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

スポンサーリンク

 

2014年に日本に初上陸し、初年度は4万人、翌年は9万人、そして昨年は過去最高となる12万人を動員した、大きな盛り上がりをみせている国内最大級のEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)フェス、ウルトラジャパン!

2017年も9月16日より3日間の開催が予定されており、今年もどのようなフェスになるのか、開催される世界各国にて注目されている、とても期待度の高いフェスです。

今回はそんなウルトラジャパンに参加する時の持ち物についてお話しします。

 


スポンサードリンク

ULTRA JAPANの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

 

目次

❶ウルトラジャパンとは?

❷会場の特徴

❸持ち物(必需品)

❹あると便利な持ち物

❺ウルトラジャパンで役に立つ持ち物

 

❶ウルトラジャパンとは?

 

まずは、ウルトラジャパンとはどのような特徴があるフェスなのかをチェックしてみましょう。

 

ウルトラは1998年に始まり、毎年アメリカのマイアミで開催されてきました。ウルトラというその名前の通り、出演DJの人数やラインナップの豪華さはフェスの中でも凄まじいものです。

日本では「EDM」の火付け役ともなったウルトラジャパン、毎年世界のトップDJが集まってきて会場を盛り上げてくれるので今年も期待大です!

都市型フェスでアクセスも良いので、フェスに参加したことがない方でも気軽に日帰りで参加できるフェスとなっています!

(ただし、かなりの人気なので早めに計画を立ててチケットを入手してくださいね)

 


スポンサードリンク

❷会場の特徴

 

ウルトラジャパンはお台場の特設広場にて開催される都市型フェスです。

会場へはバスや電車などの公共交通機関を使って都心部から好アクセスなことはもちろん、まわりにはダイバーシティや芝生がひろがっているので周辺環境も抜群です。

一度チケットを交換しリストバンドをつけていれば、1日自由に入退場をすることができるので、この周辺施設にて少しばかりの休憩をとることもできます。

 

また、例年、会場内には荷物を預けるところがあったようですが、今年(2017年)はオフィシャルサイトにはまだ未定となっていました。

駅やダイバーシティにもコインロッカーはありますが数に限りがあるので、出来るだけ手荷物は少なく自己管理できる範囲で持って行くのが安心かと思います。

(都市型フェスの場合、忘れ物があったとしても周辺施設で入手できる確率が高いです!重装備で行って余分な体力を使ってしまうよりも、身軽に動けることを重視して持ち物を用意することをオススメします)

 

❸持ち物(必需品)

 

必需品、あると便利なもの、ウルトラジャパンの会場だからこそ役に立つであろうものに分けて、持ち物についてご紹介していきます。

前述したように、全て持参できると安心ではありますが荷物が多くなりすぎるとそれだけで疲れてしまい、せっかくの楽しいフェスを全力で楽しめなくなってしまいます。

なので、自分が使うであろうものに絞る!また、フェス会場まで公共交通機関を使って移動することを忘れずに、持ち物を用意するようにしてください。

 

では、まずは必要となるであろう持ち物からご紹介していきます。

 

・チケット

・身分証明書
(20歳未満の入場を禁止しているウルトラジャパンでは、必ず身分証明書が必要になります。顔写真付きの運転免許証やマイナンバーカードなどを忘れないでくださいね)

・現金
(余分なお金やカードは持っていかず、必要な分だけ持参するようにしましょう。また、交通系電子マネーを使うことができるので、賢く活用しましょう。ただし会場でチャージは出来ないので事前にチャージをしておきましょう)

・腕時計

・タオル

・ティッシュ

・日焼け止め

・レイングッズ
(会場内への傘の持ち込みは禁止されているので、レインコートを持っていきましょう)

・大きめのゴミ袋
(着替えを入れたり、休憩時に使う簡易的なレジャーシート代わりに、また雨が降った時に荷物が濡れないよう入れておくのも良いかと思います)

・扇子
(うちわや電動扇風機よりコンパクトに持ち運びができるのでオススメです)

・着替え
(フェス会場で当日Tシャツを買う!という方は必要ないかもしれません。ただし、動員数も多い分、早い時間にグッズが品切れになることもあるので手に入らなかった、ということがないように注意しましょう)

 


スポンサードリンク

❹あると便利な持ち物

次に必需品!とまではいかないけれども、持っていると便利なものをご紹介します。

 

・簡易充電器
(日が落ちてきた時に携帯のライトを使おうと思ったけど充電がない?!なんてことを防いでくれます)

・お菓子

・汗拭きシート

・ジップロック

・常備薬

・防水スマホケース
(私はいつもジップロックで代用しています)

 

❺ウルトラジャパンで役に立つもの

 

最後に、ウルトラジャパンの会場だからこそ役に立つであろうものをご紹介します。

 

・交通系電子マネー
(使えるものは賢く、上手に使っちゃってください!また帰りの電車に乗る際、券売機が混雑するので1枚持っているとかなり活躍してくれます)

・ウエストポーチ
(前にも、後ろにも、横にも人がいます。必要なものだけを入れ、前掛けできる鞄で防犯対策の意識も忘れずに)

 

また、ウルトラジャパンでは持ち込みを禁止されているものが複数あります。

間違えて持っていくことがないよう、以下のリストにて確認してから参加しましょう。

 

・飲食物、アルコール類

・傘、クーラーボックス、椅子、パラソル、マット類、ビン・缶類、花火などの火薬類、その他危険物及び法律で禁止されているもの、動物(介護犬)

・ホイッスル、ブブゼラ他、鳴り物

・自撮り棒(セルフィースティック)

 

では、以上がウルトラジャパンの持ち物ガイドでした!

 


スポンサードリンク

まとめ

年々動員数を伸ばしているウルトラジャパン。

国内最大級のEDMの音楽フェスとなっているのは、とても有名ですよね。

 

また、これほどまでに大きなEDMのフェスもないことで、毎年ウルトラジャパンはチケットの入手が困難になっています。

なので、チケットの確保には全力を注ぎましょう!

 

そして、この記事にはウルトラジャパンに参戦する時に必要な持ち物などをまとめておきました。

参考になれば幸いです。

みなさんが万全の状態でフェスに参加し、思う存分フェスを楽しんで来れるようお祈りしています!

 

関連記事:メトロックの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

関連記事:イナズマロックフェスの服装と靴のオススメは?女子のフェス定番のファッションは?

関連記事:京都大作戦の服装と靴のオススメは?女子のフェス定番ファッションは?

関連記事:ラッシュボールの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

関連記事:モンスターバッシュの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。

 


スポンサードリンク