メトロックの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

スポンサーリンク

 

5月に開催される春フェス「メトロック」!

2013年から東京でスタートし、昨年(2016年)からは大阪会場も加わり、2会場で行われるようになったMETROPOLITAN POCK FESTIVAL。

例年すべてのチケットが完売するほどの絶大な人気があり、連日かなりの盛り上がりをみせているフェスです。

今回はそんなメトロックに参加する時の持ち物についてお話しします。

 


スポンサードリンク

メトロックの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!  目次

❶メトロックとは?

❷会場の特徴

❸持ち物(必需品)

❹あると便利な持ち物

❺メトロックで役に立つ持ち物

 

❶メトロックとは?

 

まずは、メトロックとはどのような特徴があるフェスなのかをチェックしてみましょう。

このメトロックが絶大な人気を誇る一つの理由に、出演アーティストの豪華さがあげられます。

国外アーティストの出演こそありませんが、国内アーティスト、とくに若者から人気を集めるアーティストが多数出演します。

また、若手だけではなくベテランのアーティストの出演もあるので、見応えのあるフェスといえるでしょう。

 

❷会場の特徴

なべ。さん(@popinz9z6)がシェアした投稿

 

このメトロックの会場は東京、大阪公演ともに都心部から30分ほどのところにあります。

どちらも最寄り駅からは無料シャトルバスが運行することになっています。

特に大阪では自家用車で会場まで行くことはご遠慮くださいとオフィシャルサイトにて公言されているので、迷惑とならぬよう、このシャトルバスを利用しましょう。
(シャトルバスの待ち時間なども見据えて、当日は時間に余裕を持って行動することをオススメします)

どちらの会場も芝生が敷かれており、場所によっては土の部分もあるようですが、レジャーシートの使用ができるゾーンもあるようなので、お天気が良ければ足元は良いといえるでしょう。

メトロックは春フェスです!

オフィシャルサイトでも注意喚起がされているように、夜は気温が10度以下になることもありますし、風が強くなる可能性も高いので、防寒対策は忘れずしていったほうが良いかと思います。

また、メトロックではクロークが用意されています。

1日1000円で預けることができ、出し入れも自由に行えるので、有効活用しましょう!

ただし、80cm×90cmのビニール袋に入る荷物のみ預けることができるので、大きさに注意してくださいね。

 


スポンサードリンク

❸持ち物(必需品)

 

必需品、あると便利なもの、メトロックの会場だからこそ役に立つであろうものに分けて、持ち物についてご紹介していきます。

全て持参できると安心ではありますが、荷物が多くなりすぎるとそれだけで疲れてしまい、せっかくの楽しいフェスを全力で楽しめなくなってしまいます。

自分が使うであろうものに絞る!

また、フェス会場までどのような交通手段で行くのかといったこともしっかり確認してから、持ち物を用意するようにしてください。
(とくに大阪公演に参加する方はシャトルバスを利用することになるので、大きすぎる荷物は避けたほうが良いかと思います)

では、まずは必要となるであろう持ち物からご紹介していきます。

 

・チケット

・現金
(余分なお金やカードは持っていかず、必要な分だけ持参するようにしましょう)

・腕時計
(ステージ移動の際などに便利!ただ、日焼けで腕時計跡がクッキリ!?とならないよう、ご注意ください)

・タオル

・ティッシュ

・日焼け止め

・レイングッズ
(メトロックでは傘の使用は禁止されているので、カッパなどのレイングッズを持って行きましょう)

・大きめのゴミ袋
(着替えを入れたり、簡易的なレジャーシート代わりに、また雨が降った時に荷物が濡れないよう入れておくのも良いかと思います)

・扇子
(うちわや電動扇風機よりコンパクトに持ち運びができるのでオススメです)

・飲み物
(メトロックではビンカン類の持ち込みが禁止されています。ペットボトルやマイボトルで持参しましょう。またクーラーボックスでの持ち込みが出来ないので、凍ったものを持っていくと便利かも!)

・Tシャツの着替え
(フェス会場で当日Tシャツを買う!という方は必要ないかもしれません)

・防寒具
(春フェスの夜はとくに冷え込みます。マウンテンパーカーなど寒さをしのげるものを必ず持って行きましょう。必要のない時間帯はクロークに預けておくのも良いかと思います)

 


スポンサードリンク

❹あると便利な持ち物

 

次に必需品!とまではいかないけれども、持っていると便利なものをご紹介します。

・簡易充電器
(日が落ちてきた時に携帯のライトを使おうと思ったけど充電がない?!なんてことを防いでくれます)

・お菓子
(アーティストとアーティストの間の待ち時間、飲食ブースはかなり混み合うので、その場ですぐに取り出せる用に少しでも持っておくと便利です)

・予備の靴下

・汗拭きシート

・ジップロック

・常備薬

・防水スマホケース
(私はいつもジップロックで代用しています)

 

❺メトロックで役に立つもの

 

最後に、メトロックの会場だからこそ役に立つであろうものをご紹介します。

・ウエストポーチ
(大きな荷物はクロークへ預け、会場内で必需品のみ身につけるようにウエストポーチを持っておくと身軽に動けます)

・レジャーシート
(ピクニックゾーンでのみ使用が可能です。シート以外のパラソルやテント、ターフやイス類の持ち込みは禁止されているのでご注意ください)

以上が、メトロックの持ち物ガイドでした!

 


スポンサードリンク

まとめ

春に開催される大型音楽フェス「メトロック」。

夏にたくさん開催されるフェスの前に、メトロックで暴れ散らかしてしまいましょう。

また、東京と大阪というアクセスがしやすい都市で開催されているので、足を運びやすいですしね。

 

ということ、みなさんが万全の状態でフェスに参加し、思う存分フェスを楽しんでこれるようお祈りしています!

 

関連記事:イナズマロックフェスの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

関連記事:SATANIC CARNIVALの初参加者の注意ガイド!服装や怪我、グッズについて

関連記事:SUMMER SONICで気をつけたいこと!持ち物やチケット、宿泊場所について

関連記事:ROCK IN JAPAN FES.は食事(グルメ)も楽しみ!初心者の過ごし方ガイド

関連記事:FUJI ROCK FESTIVALの楽しみ方は?会場入りは持ち物の準備を怠るな

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。

 


スポンサードリンク