イナズマロックフェスの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ!

スポンサーリンク

 

イナズマロックフェスは、毎年9月に滋賀県の琵琶湖に面した烏丸半島芝生広場で2日間にわたり開催されています。

「音楽を通じて地元に恩返しがしたい」という西川貴教さんの想いから、メインステージのある有料エリアの他に、地元食材を用いたB級グルメを味わったり、地域観光資源のPRブースを見ることができる無料エリアが用意されています。

動員数は10万人を超えており、非常に地域経済効果が大きな野外フェスです。

今回はそんなイナズマロックフェスに参加する時の持ち物についてお話しします。

 


スポンサードリンク

イナズマロックフェスの持ち物ガイド!必需品や便利な物はコレだ! 目次

❶イナズマロックフェスとは?

❷会場の特徴

❸持ち物(必需品)

❹あると便利な持ち物

❺イナズマロックフェスで役に立つ持ち物

 

❶イナズマロックフェスとは?

 

まずは、イナズマロックフェスとはどのような特徴があるフェスなのかをチェックしてみましょう。

先に書いたように、このイナズマロックフェスでは西川貴教さんの想いから有料エリアと無料エリアを使い、音楽のみならず様々なイベントが行われています。

メインステージでは有名アーティストのライブが行われ、無料エリアにはブレイクを目指す若手アーティストが立つステージも用意されています。

そして何より、音楽以外のブースも充実しており、ご当地グルメの物販や滋賀の魅力をPRするブース、キッズエリアが設置されているので夏祭りのような感覚で遊びに行くこともできるフェスと言えるでしょう。

また今年は、昨年途中で中止になった代替公演が前日に行われることになっています。

 

❷会場の特徴

あしださん(@shungoashy)がシェアした投稿

 

 

イナズマロックフェスの会場は、有料エリアと無料エリアに分かれていますが、その中でも有料エリアのメインステージは琵琶湖をバックにステージを見ることができます。

そして、チケットと引き換えのリストバンドを着けていれば、開場から終演までいつでも入退場することができるので、有料エリアと無料エリアのどちらのエリアでもフェスを楽しむことができます!

また、会場には有料ではありますがクロークが用意されています。過去の参加者の方の話によると、1回500円での使用となるので途中で荷物を出してしまうと、もう一度500円を支払って荷物を預けることになるので注意しておいてくださいね。

ちなみに、ライブエリアへの大きな荷物の持ち込みが禁止されているので、このクロークを上手く活用するのが良いかと思います!

 


スポンサードリンク

❸持ち物(必需品)

 

必需品、あると便利なもの、イナズマロックフェスの会場だからこそ役に立つであろうものに分けて、持ち物についてご紹介していきます。

全て持参できると安心ではありますが、荷物が多くなりすぎるとそれだけで疲れてしまい、せっかくの楽しいフェスを全力で楽しめなくなってしまいます。

自分が使うであろうものに絞る!

また、フェス会場までどのような交通手段で行くのかといったこともしっかり確認してから、持ち物を用意するようにしてください。

では、まずは必要となるであろう持ち物からご紹介していきます。

 

必需品リスト

 

・チケット

・現金
(余分なお金やカードは持っていかず、必要な分だけ持参するようにしましょう)

・タオル

・ティッシュ

・日焼け止め

・レイングッズ
(会場内での傘の使用は禁じられているので、レインコートを持参しましょう)

・大きめのゴミ袋
(着替えを入れたり、簡易的なレジャーシート代わりに、また雨が降った時に荷物が濡れないよう入れておくのも良いかと思います)

・扇子
(うちわや電動扇風機よりコンパクトに持ち運びができるのでオススメです)

・飲み物
(イナズマロックフェスではビンカン類の持ち込みが禁止されています。持って行く場合にはペットボトルを!)

・Tシャツの着替え
(フェス会場で当日Tシャツを買う!という方は必要ないかもしれません)

 


スポンサードリンク

❹あると便利な持ち物

 

次に必需品!とまではいかないけれども、持っていると便利なものをご紹介します。

・簡易充電器
(日が落ちてきた時に携帯のライトを使おうと思ったけど充電がない?!なんてことを防いでくれます)

・お菓子
(アーティストとアーティストの間の待ち時間、飲食ブースはかなり混み合うので、その場ですぐに取り出せる用に少しでも持っておくと便利です)

・汗拭きシート

・ジップロック

・常備薬

・防水スマホケース
(私はいつもジップロックで代用しています)

 

❺イナズマロックフェスで役に立つもの

 

最後に、イナズマロックフェスの会場だからこそ役に立つであろうものをご紹介します。

・ウエストポーチ
(大きな荷物は有料クロークへ預け、必需品のみ身につけるようにウエストポーチを持っておくと身軽に動けます。当日グッズでビニールバッグが販売されているので、購入し代用するのも良いでしょう)

また、これ以外にはオフィシャルサイトに簡易救急セットや懐中電灯なども持ち物の参考にあげられていました。

使用禁止のものとして、レジャーシートや簡易プール、テント、クーラーボックスなどもあげられていたので、うっかり持って行ってしまうことのないよう、事前にしっかりと確認しておきましょう。

 


スポンサードリンク

まとめ

今回は、イナズマロックフェスに参加する方のための特集をしてきました。

初めてイナズマロックフェスに参加する方は、当記事を見て必需品の用意などを万全にして挑みましょう!

参考になることばかりを記事に詰め込んだので、ぜひ有効活用してみてくださいね。

みなさんが万全の状態でフェスに参加し、思う存分フェスを楽しんでこれるようお祈りしています!

 

関連記事:FUJI ROCK FESTIVALの服装や靴など用意は万全に!初心者が気をつけたいこと

関連記事:SATANIC CARNIVALの初参加者の注意ガイド!服装や怪我、グッズについて

関連記事:SUMMER SONICで気をつけたいこと!持ち物やチケット、宿泊場所について

関連記事:Sky Jamboreeの注意ガイド!持ち物やチケット、熱中症対策について

関連記事:ROCK IN JAPAN FES.の注意ガイド!クロークや休憩場所やアクセスについて

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。

 


スポンサードリンク