【初心者必見】VIVA LA ROCKの注意ガイド!宿泊場所やグッズの心配は?

スポンサーリンク

 

毎年5月のGW期間に、埼玉県にあるさいたまスーパーアリーナで行われる「VIVA LA ROCK」。

このフェスに初めて参加する方に向けて、注意点を何点か述べていきます!

これを見て、準備をしていきましょう!

 


スポンサードリンク

【初心者必見】VIVA LA ROCKの注意ガイド!宿泊場所やグッズの心配は?

 

まずはチケット!今年はチャンス!

このフェスに参加するのに、まず必要なのはチケットです。

今年は同じ日程に他の大型フェスが被っていることもあり、チケットは取りやすい傾向にあるようです。

取りやすい今のうちに確保しておくといいでしょう。

 

アクセスは抜群!最寄り駅から目の前!

 

さいたまスーパーアリーナは、JRさいたま副都心駅を降りてすぐの場所にあります。

このフェスはこのアクセスの良さが特徴でもあります。

ここまで駅に近いフェスは、他にないと思いますので、ぜひ電車で行きましょう。

しかし、車での来場は、駐車場が機材者等でスペースがないようなのでやめましょう。

 


スポンサードリンク

グッズ売り場で並ばなくても済む!?事前会場引換受付を利用しよう。

フェスの楽しみはフェスの公式グッズにもあると思います。

友達とフェスに行く時に、お揃いのフェスTシャツを買って着る人もいるのではないでしょうか。

開場前にグッズ売り場に並び、長い時間行列で待たされ、買った頃にはライブが始まるなんてことがないように、グッズ事前会場引き換え受付を利用しましょう。

事前にグッズを選んでおくことで、当日スムーズにグッズを受け取ることができます。

あらかじめ一緒に行く友達と話しておいて、一緒に着るTシャツを決めておくのも楽しいです。

受付は4/30(日)までとなっています。

アーティストグッズはこのシステムは用意されていませんので、ご注意ください。

 

宿泊は首都圏内が対象。場合によっては会場内でも!?

 

アクセスが非常にいいので、遠方から来られるのであれば、埼玉県もしくは、東京都など首都圏内が宿泊先の対象になります。

ご自身で価格など条件のいいホテルを探してみると良いでしょう。

GW中なので、かなり価格は高くなる傾向にありますので、ご注意ください。

また、チケット制ですが、会場内で夜を過ごせる「オールナイトビバ」もこのフェスには用意されております。

アーティストのライブとトークショーが楽しめて、施設内のトレーニングジムでシャワーも利用できるなど、ほぼ移動ゼロで宿泊することができます。

寝具はベッドではなくリクライニングチェアなので、完全に横にならなくても、多少傾けば寝られるという方はこちらを検討すると、よりこのフェスを楽しめるでしょう。

朝ごはんは、さいたま新都心駅前にあるコンビニで整えるか、屋外エリアの「VIVA LA GARDEN」で食べると良いでしょう。

 


スポンサードリンク

屋内ステージがほとんど。雨の心配はほとんどありません。

 

いくらフェスに慣れていても頭を悩ませるのが天候。

ただ、このフェスは、ステージのほとんどが屋内にあるため、急な天候の変化にも動じなくて良いところが良いところでしょう。

会場から最寄り駅までも近いですので、終演後雨が降ってしまっても、走ってささっと駅に向かえば雨はしのげます。

ここまで天候に左右されないフェスも珍しいと思います。

フェスにまだ慣れていない初参加の方には十分すぎるくらい快適に過ごせるでしょう。

 

このフェス名物、VIVA LA GARDENで腹ごしらえ。

 

会場の外にあるけやきひろばでは、「VIVA LA GARDEN」が行われています。

こちらでは、和洋折衷、様々な種類の飲食店が出店しています。

また、埼玉グルメストリートも用意されていて、地元のグルメも味わえるようになっています。

そして、予約制ではありますが、バーベキューができるエリアもあります。

友達と空いた時間に、埼玉の空の下でバーベキューを楽しんで見るのも良いでしょう。

このフェスに来たなら、この充実したフードエリアでご飯を楽しんで欲しいです。

 

今年のステージは屋内外含めて4つ。CAVE STAGEは入場規制に注意。

 

今年は屋外スペースを含めると、会場内に4つのステージが用意されています。

ステージ名は、一番大きいサイズの「STAR STAGE」、続いて「VIVA!STAGE」「CAVE STAGE」、「GARDEN STAGE」となっています。

今回、「STAR STAGE」には、前方でも落ち着いて見られる「うっとりエリア」やスタンドエリアでも盛り上がれる「ワッショイ!エリア」、休みながらライブを楽しめる「リラックスエリア」が用意されます。

また、「CAVE STAGE」のスペース少し大きなライブハウスくらいのスペースしかありませんので、少し有名なアーティストだと、入場規制がかかってしまうことがありますので、こちらのステージに出演するアーティストのライブを楽しみたいという方は、余裕を持って入場した方が良いです。

もし入場できなくてもパブリックビューイング用のスクリーンが入り口に用意されますので、最悪の場合それを見てライブを楽しみましょう。

 


スポンサードリンク

移動も食事もアーティストも初心者向けの過ごしやすいフェス。

 

今まで「VIVA LA ROCK」に初めて参加される方に向けて注意点を述べて来ましたが、いかがでしたか?

ここまでアクセスも良く、過ごしやすいフェスはなかなかありません。

また、チケットがなくても屋外エリアの「VAVA LA GARDEN」は利用できますので、GW休みの行楽に来場しても良いでしょう。

昼から美味しい食事とお酒を楽しんで、良い思い出を作ると良いでしょう。

 

引用先

当記事の写真は、VAVA LA ROCKの公式サイトから引用しています。

引用:http://vivalarock.jp/2017/

 

関連記事:VIVA LA ROCKの楽しみ方は前夜祭から!開催地や宿泊場所も紹介

関連記事:【初心者必見】COUNTDOWN JAPANの注意ガイド!宿泊場所やグルメなど

関連記事:ARABAKI ROCK FESTの初参加者はここに注意!持ち物や移動手段など

関連記事:氣志團万博の初参加者はここに注意しよう!持ち物や服装の用意は必要?

関連記事:京都大作戦の初参加者はここに注意しよう!チケットや宿泊情報!

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。

 


スポンサードリンク