GLAYの人気曲ランキングTOP10!個人的おすすめ曲も紹介

 

1994年のメジャーデビュー以降CDセールスは勿論、ライブ動員の日本記録の樹立などの金字塔を打ち立て、90年代を代表するロックバンドでありながら衰えを知らないパフォーマンスで多くのフォロアーを生み出し続ける生きるレジェンド“GLAY”のおすすめ人気曲ランキングTOP10と個人的におすすめな楽曲も紹介していきます。

 


スポンサードリンク

GLAYの人気曲ランキングTOP10!

 

【10位】 とまどい

GLAY
 

失恋ソングではあるが、爽やかなサウンドに乗せ、また重い歌詞とのギャップがあり聞きやすい仕上がりにはなっていますが、全盛期GLAYの勢い表すロックチューン。

HISASHIのギターリストとしてのセンスも光り、リフも印象的なライブで聴きたい名曲です。

 

【9位】 グロリアス

 

シングルとして初のオリコンTOP10にランクインした初期の名曲。

CM「ヴィクトリア」のCMソングとして「都忘れ」が抜擢される予定でしたが、出演者の内田有紀がグロリアスを推したという逸話も残っています。

HISASHIのイントロでギターにディレイを3つ重ねた音作り、アイデアもさすがです。

 

【8位】 100万回のキス

 

ラブソングであると同時に、現代社会へのメッセージも加えられたGLAYらしい一曲。

優しいメロディーにミディアムテンポで展開され、壮大な印象すら描くことのできるTAKUROらしさも光る名曲です。

 


スポンサードリンク

【7位】 SOUL LOVE

 

ミリオンヒットを記録し、GLAYの代表曲です。

GLAYといえばイントロから曲構成を膨らませていくという手法をとることが多いですが、この曲の爽やかでPOPな要素を取り入れた曲展開に相応しいイントロに仕上がっており、イントロだけで懐かしくも優しい気持ちになれます。

終始響き渡るカッティングが切れ味鋭くも爽やかさを引き立てています。

 

【6位】 春を愛する人

GLAY
 

アルバム「BELOVED」、シングル「口唇」のカップリングでありながらもGLAYファンから熱い支持を集めている曲です。

あのL’Arc~en~Cielのtetusuyaも好きだと公言しており、春の爽やかな小風のような温かさを持っており、ライブでは大合唱が起こる名曲です。

 

【5位】 Way of Difference

 

当時大人気だった恋愛バラエティー番組「あいのり」の主題歌として大ヒットしたことでも有名ですが、出会いから別れを描いた壮大な曲です。

複雑な心境を露わすように鳴り響くノイズのようなギターに打ち込みを多用しているというところからGLAYの新境地を開拓したともいえる名曲です。

 


スポンサードリンク

【4位】 ずっと2人で…

GLAY
 

TERUの実の姉のためにTAKUROが書き下ろした「RAIN」に次ぐGLAY史上2番目に出来上がったバラード。

過去を振り返りながら共に歩んでいこうとする二人を描き、このころよりTAKUROの抜群の作曲センスをうかがうことが出来ます。

結婚式の定番曲としても語り継がれていくでしょう。

 

【3位】 誘惑

 

ミリオンセラーの達成、1998年度オリコン年間チャート1位というまさにGLAY全盛期を象徴するナンバー。

ギターのリフと掛け合いが気持ちよく、HISASHIとTAKUROの相性の良さがわかりますし、JIROのベースもシンプルながらひとつひとつの粒がきれいに揃いながらも攻撃的なダウンピッキングで底上げするサウンドは、初っ端から飛ばす8ビートのロックチューンのお手本ともいえる音作りになっています。

 

【2位】 Winter, again

 

GLAYというより日本を代表する冬の名バラード。

GLAY最大のセールスを記録し、レコード大賞をはじめとする賞を総なめにした大ヒット曲。

GLAYのメンバーの出身地の北海道の情景を元に作られており、HISASHIのビブラートを多用したサイドギターがいい味を出しています。

 

【1位】 HOWEVER

 

発売当初はノンタイアップながらGLAYの初のシングルミリオンセールを記録し、以降はドラマやCMなど頻繁に起用されている時代を超えて愛されるGLAYの名曲中の名曲。

TAKUROが当時の彼女のために書き下ろした曲で、随所にTAKUROの胸中を赤裸々かつ詩的に書かれており、サビで爆発する感情には誰もが心動かされる名曲です。

 


スポンサードリンク

個人的おすすめ曲も紹介

 

【番外編】 SHUTTER SPEEDSのテーマ

GLAY
 

JIROのベースから始まり、AメロはJIROのヴォーカルというライブで盛り上がる定番曲です。

JIROのベースソロもありJIROファンにはたまらない曲ですが、JIROのあの攻撃的かつ粒が丁寧に揃ったピッキングは「佐久間式ピッキング」と名付けられおり、GLAYの8ビートで突っ走るサウンドには欠かせないものとなっています。

まとめ

GLAYの人気曲ランキングを紹介してきましたが、アナタの好きな曲は入っていましたでしょうか?

ファンなら、全ての楽曲が好きだと思うので、ランクインした曲はどれも好きなものかもしれませんね。

また、もしかしたら、自分の好きな曲がランクインしていなくてモヤモヤした感情になった方もいたことでしょうね。

 

今回のランキングは、予想と違ってメジャーな曲以外にも、コアな楽曲もランクインしているのが、GLAYの歴史の長さを感じますね。

名曲をたくさん輩出している唯一無二の神バンドGLAY!

もう一度、このランキングに入っている曲を聞き直してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事:クリープハイプの人気曲ランキングTOP10!個人的おすすめ曲も紹介

関連記事:BUMP OF CHICKENの人気曲ランキングTOP10!ファンおすすめ曲も紹介

関連記事:back numberの人気曲ランキングTOP10!個人的おすすめ曲も紹介

関連記事:THE BAWDIESの人気曲ランキングTOP10!個人的おすすめ曲も紹介

関連記事:WANIMAの人気曲ランキングTOP10!個人的おすすめ曲も紹介

関連記事:L’Arc~en~Cielの人気曲ランキングTOP10!個人的おすすめ曲も評価

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。

 


スポンサードリンク