星野源が病気パニック障害で病院に搬送?原因や再発の心配は?

スポンサーリンク

 

アーティストとしてだけでなく、俳優や文筆家としての顔を持つ星野源さん。

 

彼の多才さには、本当に驚かされることばかりですよね。

俳優として役を演じれば高視聴率を取るし、曲を出せば大ヒットさせるのですから!

 

何をしても成功させてしまう星野源さんですが、当然彼にも辛い時期はありました。

そのせいで病気を患ったこともあるとも言われています。

 

まだまだファンでも知らないことがたくさんある星野源さんについて、今回は特集していきましょう。

 


スポンサードリンク

星野源が病気で病院に搬送された?再発の可能性は?

星野源さんなんですが、実は過去に何度か病気になっていたことがあります。

この病気というのが大きなものであり、それが原因で病院に搬送されたという情報まであるのです。

 

その時のことを彼自身がテレビの前で語った時がありましたので、その時のことを紹介していきましょう。

星野源が情熱大陸で”病気”を語る

星野源
 

大人気ドキュメンタリー番組「情熱大陸」。

このテレビに星野源さんが出演していた時があり、その時に彼の口から衝撃の事実が語られました。

 

2012年、星野源さんがアーティストとして活動し、大きな波に乗り始めた時、「くも膜下出血」と診断されたのでした。

そのため、芸能活動を一時休止。

彼のアーティスト人生の大きな波が、1度収まることになったのでした。

くも膜下出血の大変さ

くも膜下出血といえば、死亡率がとても高い病気です。

手術をするほど大変なものですし、手術が成功したとしても”後遺症”が残ってしまう可能性もあるのです。

半身麻痺などの後遺症が残ってしまったら、アーティスト生命だけでなく、彼のタレント生命まで全てがなくなってしまっていました。

 

働き盛りの人に起こりやすいとされる今回の病気。

手術が成功しても当分の間は、生きているだけでも辛いものだったそうです。

 

というのも、術後には、”生きるための苦しみ。食べ物はもちろん水も飲めず、爆発的な痛みだけがただただ続いていた”とされています。

 

また、動いてはいけないので、ストレスも異常に溜まり、神経が過敏になっていたとも言われています。

少しの物音も気になるくらいだったらしく、眠ることも大変だったようです。

 

星野源さんの言葉によると

「24時間、不眠不休で痛みと神経過敏に耐え続ける。それが三日間続いた」

ということでした。

 


スポンサードリンク

当時のことを星野源が語る

「集中治療室で、『動いちゃだめです』って言われて。

天井だけ見つめてじっとしてると、自意識で爆発しそうになるんですよ。

自分がどうなっちゃうんだとか、今までこうしてたからこれがいけなかったのかなとか。

(中略)自分のことばっかり考えすぎちゃうのって、辛いんだなって」

これが、情熱大陸に出演した時に語られた言葉でした。

病気になったことで、彼自身、忙しいことが当たり前ではなく、体を休めることも重要だということを学んだようです。

再発の可能性は?

くも膜下出血は、手術しても再発してしまう可能性が大きくあります。

 

なので、実は星野源さんも2度再発しているのです。

この2度の再発を乗り越えて、2014年に完全復帰となったのでした。

 

ちなみに、星野源さんと親交が深いお笑い芸人「バナナマン」。

この2人は星野源さんにあてて、闘病生活応援ソングを送っていました。

その曲のタイトルは「君と初めて」となっています。

 


スポンサードリンク

星野源の病気はパニック障害も患った過去がある

星野源さんの病気は、くも膜下出血がよく知られています。

それは番組「情熱大陸」に彼が出演し、そして、そこで語られたからです。

 

しかし、彼が患ったことのある病気はこれだけではありません。

他にも大病を患った過去があるのです。

病気になる原因

働く男
 

星野源さんは今でこそ、こんなにも明るいキャラクターとして知られていますが、実は彼の過去はそうではなかったらしいのです。

というのも、実は星野源さんは小学校3年生の時に、”イジメにあっていた”のだそうです。

 

イジメにあった原因は、彼のミスが原因でした。

それは”学校でお漏らししてしまった”ということが原因だったのです。

ただ、この”お漏らし”も、下痢だったこともあり、それも大きなイジメに繋がっていったのです。

 

そして、これが原因で彼に対するイジメが始まり、精神を病んでいくことになるのです。

星野源が病気を患った過去

小学生のイジメとなれば限度を知りませんので、星野源さんもかなり大変な思いをしたと思います。

 

実際、彼は小学生の時に精神科に通うようになり、精神安定剤を服用していましたからね。

しかし、薬を飲んでも彼の病状は改善されることはありませんでした。

 

なので、星野源さんは高校の時には学校に行けなくなり、家から出ない引きこもりになったのです。

病状を回復させた原因

家に引きこもっていた星野源さんですが、とあることがキッカケで心が救われることになります。

 

それはクレイジーキャッツに「だまって俺についてこい」という曲でした。

家にこもってこの曲を聞いていた星野源さん。

当時のことをこう語っています。

「植木さんのあの声で歌う『そのうちなんとかなるだろう』という歌詞を命綱のように感じた」

と語っていました。

 

この曲のおかげで少しずつ気持ちが救われていき、今の星野源さんがあるのでした。

 


スポンサードリンク

まとめ

今の星野源さんを見れば、彼が過去にいじめられていたなんて想像できませんよね。

オチャメな一面をたくさんみせてくれていますからね。

 

しっかし、大きな出来事を経験した人はとても強いということを教えてくれますね。

彼の人生を見ると、「こちらも頑張ろ」と心を奮い立たせてくれるのですから!

 

関連記事:橋本奈々未の弟の顔や名前は?医学部と噂だが大学名はどこ?

関連記事:今泉佑唯の体調不良の原因は病気?復帰時期は、いつ頃?

関連記事:SHISHAMOの盛り上がるオススメ曲TOP10!カラオケで歌いやすい曲も

関連記事:高橋優の彼女のえりな・ゆきぴょ・ちひろって誰?熱愛写真もある?

関連記事:L’Arc~en~Cielの人気曲ランキングTOP10!個人的おすすめ曲も評価

関連記事:安藤ゆず(ゆずぽん)がめまい症の障害で卒業?その原因や症状とは?

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。

 


スポンサードリンク