薄毛対策・改善に効く食事とは?食べ物の重要性を知ろう!

シェアをお願い致します

スポンサーリンク
シェア

薄毛対策と一口に言っても、種類はたくさんあります。

適度な運動や十分な睡眠も、薄毛対策の1つにすぎませんからね。

なので、今回はその中でも重要度の高い「食事」について、見ていきましょう。

私たちは、体に必要な栄養素を毎日食事から得ています。

なので、髪の毛も食事の栄養素から成り立っているといことです。

ということは、毎日の食事を意識して改善するだけで、髪の毛に対して大きな影響を与えるということになるのです。

薄毛に効く栄養素は一体どんなものがあるのか。

また、それはどんな食事から摂取できるのか。

気になることが盛り沢山ですね。

ここでは、特に薄毛の改善になるような、薄毛対策に良い食事を紹介致します。


スポンサードリンク

薄毛対策・改善には食事が重要

髪の毛の栄養を十分摂取するために、食事の重要性は理解しているかと思います。

ただ、わかっていても忙しい毎日を過ごしていると、食事に気を使うことは出来ないですよね。

なので、ついついジャンクフードであるハンバーガーやラーメン、またはコンビニ飯で済ませてしまうことが多いのではないでしょうか。

これらの食べ物は美味しいのは当然ですが、髪の毛に良いとは言えませんよね。

だって、栄養素が偏っていますし、十分な栄養も摂取出来ていないのですから。

偏食や栄養不足、またお酒の飲み過ぎや食べ過ぎは内臓器官を酷使します。

そうなると、薄毛が発生することがあるとされているのです。

なので、、今一度ちゃんと考えてみてください。

私たちは、毎日摂取する食べ物から体が作られます。

となると、ジャンフードばかり食べていたり、お酒を飲みすぎたりして良いのでしょうか。

良くないですよね。

また、薄毛になってから、食べ物を改善するのでしょうか。

薄毛になりかけた時から食事を改善するのでしょうか。

いや、その前から食事の改善をするべきでしょう。

手軽に簡単に食べることが出来るジャンクフードは、髪には天敵だと思っていてください。

これから紹介する食事はオススメ出来るものですが、ほんの一部にしかすぎません。

ここから少しずつ意識を変えてみてはいかがでしょうか。

薄毛の予防に効く食べ物は何?

薄毛対策に十分気をつけたいのが「食事」です。

毎日の食事は、本当にとても大切です。

その食事でオススメのものを紹介していきましょう。

納豆

薄毛対策の代表格とも言える食材「納豆」。

なぜ、納豆が薄毛対策に良いかというと、納豆には髪の元となるタンパク質が多く含まれているためです。

また、大豆にはイソフラボンという成分が含まれていて、これが薄毛の原因となる男性ホルモン「テストステロン」の分泌を抑制する働きをします。

これだけでも納豆には十分可能性を感じていると思いますが、まだまだ良い効果があります。

納豆である大豆には、皮膚の新陳代謝を促すビタミンB2も含まれているため、頭皮の環境改善にも役立つとされているのです。

また、納豆に含まれる栄養素「ナットウキナーゼ」というものがあるのですが、これは血液をサラサラにする効果があると言われています。

血液がサラサラになると、頭皮の血行促進が期待できますので、髪が生えてきやすくなるということでもあります。

髪にも良い、頭皮にも良い、血液もサラサラになるというのが納豆なのです。

まさに最強の食材ではないでしょうか。

レバー

レバーが「栄養の宝庫」と言われているのは知っていますか?

レバーには、髪の主成分であるタンパク質が含まれているのはもちろんですが、頭皮の環境を良くするビタミンも多く含んでいます。

そのビタミンの内訳ですが、頭皮の新陳代謝を高めるビタミンB群であったり、細胞分裂を正常化することで頭皮の環境をよく保つ働きがあるビタミンA群があります。

この内訳を見てわかったかと思いますが、髪が育つための頭皮作りをするための最適食材がレバーとなのです。

頭皮の環境を整える素が多く含まれているのですからね。

また、ビタミンB2という皮脂の分泌を抑制する働きをもつ栄養素もレバーには含まれています。

これのおかげで、頭皮がベトベトになりにくくなるということですね。

頭皮のベトベトで悩んでいる方は、ぜひレバーを食べてみてはいかがでしょうか。

ナッツ類

メディアでよく聞く薄毛対策食材「ナッツ類」。

なぜ、ナッツ類が髪に良いのかというと、ナッツ類には髪の毛の主成分であるタンパク質が多く含まれているためです。

また、ビタミンEなど髪の毛の成長に必要な栄養素も含まれているので、オススメ食材とされています。

ちなみに、ビタミンEは、毛細血管を広げる働きがあり、血行を良くしてくれることが期待できるのです。

血行が良くなると、頭皮に良いということはどこかで聞いたことはありませんか?

その通り、血液の循環が悪いと頭皮まで栄養素が運ばにくくなるので、悪影響を及ぼします。

なので、血液の循環が良いと、必要な栄養素が頭皮までしっかりと届けられるので薄毛対策に良いのです。

ナッツ類の可能性は凄いですね!!!

焼き海苔

海藻類である海苔は、髪に良いと聞いたことがあると思います。

実は、海苔はビタミンCを多く含んだ食材なのです。

ビタミンCというのは、コラーゲンの生成に必要な栄養素であり、また、ビタミンCは丈夫な血管や頭皮の素となる栄養素なのです。

また、これだけではなく、抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの合成を促進するともされています。

ということは、ストレスによる抜け毛対策にも効果があるということになるのです。

これは社会人の味方ですね!!!

あと、海苔にはビタミンAやビタミンB2といった栄養素も含まれているので、薄毛対策には適した食べ物だと言えるでしょう。

(生)牡蠣

意外に思われるでしょうが、実は(生)牡蠣も薄毛対策食材と言われているのです。

髪の主成分はタンパク質です。

が、亜鉛という栄養素も必要とされています。

亜鉛が不足すると、髪がうまく生成されないという情報もあるためです。

なので、タンパク質と亜鉛が髪に必要な栄養素となっています。

亜鉛は、牡蠣以外にも、牛肉や魚介類、そして豚レバーなどに多く含まれていますが、やっぱり生牡蠣には敵いません。

これらの食材を圧倒するほどの亜鉛を多く含んでいるとされているのです。

亜鉛というのは、実は摂取しにくい栄養素とも言われています。

普段口にする食材には、なかなか亜鉛が含まれていないということですね。

特に、偏った食事をすることが多い男性にはこの栄養が足りていません。

なので、食事の重要性を再認識して、亜鉛も含む食事を行なってみてはいかがでしょうか。

緑黄色野菜

野菜が体に良いことは公知の事実ですよね。

でも、緑黄色野菜が髪に良いというのは知っていましたか?

緑黄色野菜っていうのは、髪に必要なビタミンを豊富に含んでいます。

頭皮の健康を保つためのビタミンAや頭皮の新陳代謝を促すビタミンB2などを多くく含んでいるとされているのです。

ということは、髪に直接良いというよりは、頭皮の健康を正常にすることを目的とする食材ということですね。

また、これらの栄養素は油で炒めた野菜の方が吸収率が上がるとされています。

なので、より効果的に栄養素を摂取したい方は、ぜひ油で炒めてみてくださいね。

ビタミンAという栄養素は、血行良くして抜け毛を減らしてくれます。

ビタミンB2というのは、皮脂の分泌を抑制し、頭皮の新陳代謝を高めてくれる働きがあるとされています。

薄毛対策は、頭皮の環境を整えることも重要です。

ということで、緑黄色野菜をよく摂り、頭皮を健康にしていきましょう。

【結論】薄毛対策に聞く食材の共通点

薄毛対策に良いとされている食材をいくつか紹介してきましたが、これらには共通点があります。

簡単に言うと、「髪そのものとなる栄養素を含んでいる」ということです。

当たり前の結論に見えますが、髪そのものとなる栄養素を知っていないと偏った食事になるので、重要な知識だと思います。

全部の食材に髪そのものになる栄養素が含まれているわけではありません。

なので、これは知っていないと意識して摂取できなかった、あるいはしなかったのではないでしょうか。

また、薄毛対策の食材の共通点ですが、もう一つあります。

それは「髪が抜けにくい頭皮を作ってくれる栄養素が含まれている」ということです。

これらの2つの共通点が重要なのです。

髪だけに良いとされている食材を摂取してもダメですし、頭皮の環境を整えるだけでもいけません。

髪にも良い、頭皮の環境を整えるのにも良い。

この2つの要素を含んだ食事を心がけてみてください。

復習

・髪の主成分である「タンパク質」

・タンパク質が髪になるのを助ける「亜鉛」

・頭皮の新陳代謝を高める「ビタミンB群」

・頭皮の健康を保つなどの働きをする「ビタミンA,C,E」

これらをたっぷりと含んだ食事を主にしてみてくださいね。


スポンサードリンク

抜け毛対策には、食べてはいけない食事を知ることも重要

髪や頭皮に良い食材があることは紹介してきました。

でも、逆に食べてはいけない食材も知った方が良いと思います。

まず、食べてはいけない代表的な食材は

・炭酸飲料やビールといった刺激の強い食材

・揚げ物やラーメンなどの脂っこい食べ物

・栄養バランスの悪いファストフード・ジャンクフード

・コンビニの弁当・カップラーメン

これらの食べ物は誰がどう見ても悪いですよね。

簡単に食事出来る反面、体をダメにする食事でもあります。

まず、最初に知るべきなのは砂糖(上白糖)の摂り過ぎもよくありません。

お菓子やジュースなどがこれに当てはまりますよね。

なぜ、砂糖が良くないかと言うと、

実は、砂糖というのは髭の伸びを早くします。

なので、砂糖を摂取することによって、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを増やしているとされています。

男性ホルモンが多いとハゲるという情報をどこかで聞いたことがあると思います。

そういった原因ということですね。

そして、次に肉料理や油の多い食べ物です。

これらの食べ物は、代謝を悪くしますし、脂肪分の多い汗をかくようになります。

なので、頭皮の毛穴が詰まったりして、抜け毛が多くなるということに繋がります。

まぁ、これらの食べ物を一切食べない!ということは出来ないと思います。

なので、これらの食事を意識的に減らし、髪に良い食事を心掛けるということをしてみてください。

きっと、それだけ大きく効果が出てくることでしょう。

薄毛対策には育毛剤 そのオススメは?



500円で始める育毛。

厚労省認可「和漢」の伝承成分を用いた「オメガプロ」。

関連記事:はげ防止で効果的な対策や方法を学んで取り組もう

まとめ

薄毛対策に聞く食材ですが、結構なものがあります。

なので、食事するのにも毎日同じ食事にならないので、飽きずに薄毛対策の望めると思います。

毎日食事はしますので、美味しく、かつ、飽きないものでないと継続できませんもんね。

ということで、薄毛対策に効くとされている食材には共通点がありましたので、それを参考に食事を意識して改善してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。


スポンサードリンク

この記事も読まれています