黒沢健一のお別れ会の場所・開催日や日程はいつ?死因は?

シェアをお願い致します

人気記事 読まれています!
シェア

この度、ファンの方々にとっては本当に悲しい情報が入ってきました。

それはシンガーソングライターとして活動していた「黒沢健一」さんの”死去”というものでした。

脳腫瘍であることを公表し、療養中だった黒沢健一さんですが、闘病した末に帰らぬ人となりました。

ということで今回は、黒沢健一さんの死去について特集していきましょう。


スポンサードリンク

黒沢健一が死去!その原因は?

大人気シンガーソングライターとして活動していた黒沢健一さん。

彼は、南野陽子さんや島田奈美さんなど、名だたる有名人に楽曲を提供したり、CM曲を提供してきたりしていました。

なので、彼の残した功績は本当に計り知れません。

そんな黒沢健一さんですが、2016年12月5日の午前3時52分に亡くなったという報告がされました。

黒沢健一さんといえば、脳腫瘍を患っていて闘病中だということを公表していました。

しかし、闘病の末、彼は帰らぬ人となってしまうことに…。

享年48歳という、本当に若い年齢で亡くなった黒沢健一さん。

彼の通夜や葬式は近親者のみで行われるとされています。

黒沢健一さんが結成したバンド「L⇔R」。

今の若い世代は、このバンドのことを知らない人が多いかもしれませんが、昭和世代の方にとっては知らない人はいないのではないでしょうか?

それくらいビッグなバンドでしたからね。

そして、このバンドメンバーが黒沢健一さんへのコメントを残していたので紹介しておきましょう。

ギター「黒沢秀樹」

「僕の実兄である黒沢健一は12月5日の深夜、夜明けを待たずに旅立ちました。家族の見守る中、安らかに眠るような最期を迎えることが出来ました」

「兄の遺してくれた作品が、一人でも多くの人の悲しみや絶望を癒し、希望の糧となってくれることを心から願っています」

ベース「木下裕晴」

「健一は自分の近くに長く一緒にいてくれた友人でもあります。よく会っていましたし、ソロの活動にも参加させてもらっていました。昨日亡くなった本人に会いましたが、寝ているくらいにしか思えず、未だに全く実感が湧きません」

元メンバー「嶺川貴子」

「3年前久しぶりの再会をした時、健一君はぜんぜん変わっていなくて、笑顔で優しかった。短い時間だったけど、あの時再会できてよかった。発見された、健一君が描いた ”いけんを言うもも” の絵は、本当に私に似ていますね。大事にします。ありがとう」

ということでした。

皆、バンドという活動では、黒沢健一さんと一緒にいた期間は短かったかもしれませんが、濃い時間を過ごしてきたことがとても良くわかりますね。

それぞれのコメントから黒沢健一さんへの思いがとても伝わってきますから。

1991年に弟の黒沢秀樹さんとベース木下裕晴さんと一緒に結成した「L⇔R」。

彼らの楽曲で1番有名だとされる「Knockin’ on your door」。

これが大ブレイクし、彼らは知名度を大きく上げることになりました。

しかし、1997年「L⇔R」は活動を休止してしまいました。

ここから、黒沢健一さんはソロのアーティストとして活動を開始していました。


スポンサードリンク

黒沢健一の「お別れ会」はいつ?開催日や日程・場所について

黒沢健一さんが48歳という若さで亡くなったことには、本当に多くのファンが悲しんでいます。

バンド「L⇔R」の活動は、わずか6年という短い期間でしたが、彼が残した功績は本当に計り知れないものがありましたからね。

そんな人気バンドのメンバーであった黒沢健一さんには、当然ですが、熱狂的なファンが多数います。

なので、ファンの方も彼の通夜・葬式に参加したいと思うことでしょう。

ですが…これらは近親者のみで行われることが判明しています。

しかし、黒沢健一さんの最後をひと目見たいというファンの方のためにも、「お別れ会」というものが開催されることがわかりました。

最後に黒沢健一さんへ「ありがとう」も思いを伝える唯一の機会なので、この「お別れ会」にはファンならぜひ参加してみてください。

※追記

「お別れ会」の日程・開催日の詳細はまだ出ていません。

後日、発表されると思いますので、この詳細がわかれば追記していきたいと思います。

黒沢健一さんのお別れ会の日が決定しました。

その日は・・・

2017年1月23日

となっています。

これは”平日の月曜日”ですね。

ちなみに、お別れ会の名前は「黒沢健一献花の会」となっています。

なので、献花だけのお別れ会になるようです。

何かイベントがあるとかではなさそうですね。

開催場所は「東京カルチャーカルチャー」となっています。

参加する方は、日にちを間違えないように注意しておきましょう。

まとめ

多くのファンをもつ黒沢健一さん。

49歳という若すぎる年齢でなくなったことには、本当に多くのファンが驚いたことでしょう。

脳腫瘍を患っていたということなので、本当に大変な闘病生活だったと思います。

また、若い年齢で癌が発見されると、癌の進行スピードはとても速いので危険と言われていますよね。

49歳という若すぎる年齢で亡くなった黒沢健一さんも、癌が若い年齢で出来てしまったから進行スピードはとても速かったことでしょう。

若すぎる年齢で亡くなった黒沢健一さんに対し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。


スポンサードリンク

この記事も読まれています