小説・入らずの森 表紙のモデル(人物)は誰?女性の名前や職業は?

シェアをお願い致します

オススメ記事

おすすめ記事

書店に行くと、平積みされていたり、書店員さんの心がこもったPOPで紹介されている小説「入らずの森」。

これは、宇佐美まこと先生の小説で、とても面白いと評判になっていますよね。

たいていの書店で、この小説がオススメされているので、思わず手にとってしまう方も多いと思います。

なので、今回は、「入らずの森」で個人的に気になったことを特集していきましょう。


スポンサードリンク

小説「入らずの森」のあらすじ

表紙からそそられる小説「入らずの森」。

ホラーが好きな方は、きっと好きなものとなっているのでしょう。

あらすじ

粘つく執念、底の見えない恐怖―― ホラーの俊英が、ミステリ要素満載で贈るダーク・ファンタジー!

小説家・京極夏彦氏「 この昏い森はあなたの奥へと繋がっている。決して入ってはいけない。でも、あなたは必ず入ってしまう。宇佐美まことが紡ぎ出す暝い森からの手招きに、抗うことはできないだろう」

文芸評論家・千街晶之氏「日本という国ならではの怖さを描いた傑作」 文芸評論家・東雅夫氏「落武者から不良少女まで――宇佐美が書いたら滅法こわい!」 陰惨な歴史が残る四国山中の集落・尾峨に赴任した中学教師・金沢には、競技中の事故で陸上を諦めた疵があった。彼の教え子になった金髪の転校生・杏奈には、田舎を嫌う根深い鬱屈が。

一方、疎外感に苛まれるIターン就農者・松岡は、そんな杏奈を苦々しく見ていた。

一見、無関係な三人。

だが、彼らが平家の落人伝説も残る不入森で交錯した時、地の底で何かが蠢き始める……。

簡潔にあらすじを紹介してみました。

大物作家も賞賛しているこの作品。

こんなにも絶賛されたら、やっぱり内容が気になりますよね。

なので、興味が出てきた方は、一度手にとってみてはいかがでしょうか。

いろんな登場人物が出てきますが、あらすじにもあるように、最終的には全員が関係してくる…?でしょうかね。

無関係な3人。

入らずの森で一体何が起こって、何が関係していくのか。

これは、読まずにはいられませんね。


スポンサードリンク

表紙のモデル(人物)は誰?男性か女性か?名前は?

とても注目を集める小説「入らずの森」。

この小説で、気になる部分といえば、内容…よりも「表紙」ではないでしょうか。

いや、もちろん内容も気になりますが、表紙に写っている人物は一体誰なのでしょう。

表紙のモデルは女性ですよね?

ボーイッシュな感じが、男性に間違わせますが、目元を化粧していることがわかるので、きっと女性で間違いないでしょう。

さて、推測すればするほど、この人物に興味が湧いてきませんか?

そこで調べてみたのですが、表紙の人物に関する情報がどこにも載っていないんです。

表紙のモデルがタレントなら、きっと自身で宣伝しているはずなんですが、どうやら宣伝している情報もないんです。

なので、今回は、この場を借りて情報提供を呼びかけたいと思います。(情けない…。)

単に、個人的な興味になりますが、表紙のモデルが誰なのか知っている人がいたら、コメント欄にコメントをよろしくお願いします。

これだけ情報がないというのは、本当に珍しいですからね。

恐らく、これは関係者しか知らない情報なのかもしれませんね。

まとめ

小説「入らずの森」のレビューは、本当に絶賛の嵐ですね。

これらレビューの中で印象的だった言葉は「この世で1番怖いのは、人間なのだとあらためて実感しました」という言葉でした。

少しネタバレっぽくなるかもしれませんが、このコメント内容から中身を推測するに、ホラー作品というよりミステリー系に近いのかな、という印象です。

”四国の山間に位置する集落。平家の落人伝説がある”との惹きがあったので、幽霊関係の小説かと思っていたら、そんな単純なものではないということですね。

複雑な人間関係などが巻き起こす恐怖の小説「入らずの森」。

「夜に1人で読まないで読まないでくださいね。」というレビューがあるくらいなので、ぜひ期待して読んでみてください。

きっと、衝撃の結末が待っていることでしょう。

関連記事:タイ・メコン川の火の玉の正体はガス?光の原因は何?誰も知らない

関連記事:E-girlsが新曲で東京五輪(オリンピック)にアピールで批判?LDHの買収問題が原因?

関連記事:乃木坂46「あの教室」MVの意味は?何ダンスで衣装、ロケ地について

関連記事:火球は幸運の流れ星なの?新潟での目撃情報や正体はUFOなのか

関連記事:ファミリーマートのATMでゆうちょ手数料が無料!時間帯や送金は?

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。


スポンサードリンク

この記事も読まれています