タイ・メコン川の火の玉の正体はガス?光の原因は何?誰も知らない

シェアをお願い致します

オススメ記事

おすすめ記事

2016年11月12日に放送された特別番組「誰も知らないカレンダー」。

この番組中に、とても興味深い情報が放送されていました。

それが、タイのメコン川から突如現れる「火の玉」です。

なんとも不思議な現象に、MCの要潤さんは信じることが出来なく、「花火では?」なんてコメントしていたほどでした。

正体が一切わからない光は、一体何なのでしょうか。

ということで今回は、メコン川から出てくる火の玉について特集していきましょう。


スポンサードリンク

タイのメコン川から謎の火の玉が?その正体は何?

タイに不思議な現象が起こるということで、今とても話題になっていることがあります。

それが、秋の夜になると、”メコン川から火の玉が吹き上がる”ということです。

川の中から火が出てくる!?

この、なんとも不思議な現象が番組で取り上げられることになりました。

ということで、まずは気になる謎の火の玉をご覧ください。

なんでも、この火の玉は毎年タイで10万人以上の人が目撃しているらしく、正体は未だ解明されていないらしいのです。

謎の現象や物体というのは、いつでも人のワクワク心を掻き立てますよね。

また、この謎の光は、タイのメコン川という東北部地方のある地域でしか、見ることができないのだそうです。

さらに、年に1度だけでしか現れなく、かつ、満月の日限定という、この2点が一致して初めて見ることが出来るのだそうです。

なので、この限られた条件に当てはまらないと目撃するのは、ほぼ0%になるとされています。

365日あるのに、1回見れるか見れないかという超貴重な現象なので、解明したくても難しいらしいのです。

ということで、この火の玉は、生き物なのか花火なのか、はたまた自然現象なのか、一切情報がわかっていません。

ささいなヒントさえ、番組で解明できなかったのですからスゴイ神秘的ですよね。

ぽーっと上に上がっていったと思ったら消えてしまう謎の玉。

ソソられますねー。


スポンサードリンク

【誰も知らない】で放送された光の玉の原因はガス?

タイのメコン川から突如現れる謎の火の玉。

正体が一切、解明されていないこの現象は、現地では「バンファイ・パヤナーク」というようです。

また、この謎の現象は観光スポットの1つとなっているそうで、結構人気みたいです。

ちなみに、”バンファイ・パヤナーク”を日本語に訳すと「龍神の火の玉祭り」というそうです。

川の神である龍神が、火で遊んでいるとされているのですね。

そんな謎の火の玉は、観測してみると、そんなに大きくないとされています。

大きさでいうと卵くらいからバスケットボールくらいまで様々あり、色はピンク色っぽい感じだそうです。

また、興味深い情報があり、それは火の玉が登る高さです。

なんでも、高さ100mくらいまでは瞬く間に登るとされています。

本当に計測出来ていたのかどうかわかりませんが、もっと高いものになると数百メートルから数千メートルまで上がるのだそうです。

謎が深まりますねー。

この高さまで登ることから、光の正体は「花火でしょう?」と思う人が多数いると思います。

すべての現象には、理由がありますからね!可能性としてはあると思います。

しかし、調査の結果、正体は花火ではないと判明しています。

では一体なんなのかというと、1番可能性が高い推測では、「ガス」ではないかとされています。

タイの科学者が調査した結果、謎の火の玉は、”川底にある有機物が腐敗し、メタンやリンなどから「ホスフィンガス」というものを発生させていて、それが発火している”推測されているのです。

詳しい発火のメカニズムとしては、夏に気温が上がりガスが発生します。

この時期に大量に発生したガスが、11月の付きの引力が1番強くなる満月の日に可燃性のガスが発火し、水面から出てくるのでは、とされています。

確かに、これなら可能性はありますし、辻褄もあいますよね。

ただ…ただ、この仮説を立てたのは良いのですが、肝心の”ホスフィンガス”が見つかっていないのです。

なので、この仮説には反論も出ているのです。

ということで、実際のところ、何が火の玉の正体なのかはハッキリとはわかっていないということですね。

ちなみに、現地の人は、龍神信仰をしているとされており、今でも龍がメコン川から火の玉を出していると信じられています。

メコン川では龍神なるものが目撃されていますので、より信じられています。

%e3%82%bf%e3%82%a4

また、龍神の影を侮辱した若者が水中に引き込まれるところを目撃されていたりもするので、本当に龍神がいるのかもしれません。

いわゆる、UMAという存在ですね。

伝説が本当なのかどうか。もしUMAの存在が本当なら、とても面白いんですけどね。

科学者でも解明出来ていない現象。

これはぜひ、現地に行って確かめてみたいものですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。


スポンサードリンク

この記事も読まれています