博多駅前 道路陥没!工事の施工業者(会社)はどこ?責任の所在は?

シェアをお願い致します

オススメ記事

おすすめ記事

2016年11月8日に博多駅前で、道路が大きく陥没してしまいました。

なんと、30メートル四方の穴が空いていたとされています。

土砂流入で信号などが地面に沈んいく光景が、現場にいた市民の携帯で録画されていました

少しずつ穴が空いていき、そして、道路全体が陥没してしまったのです。

危うくビルも崩れそうになっていたところで、なんとか踏みとどまっていました。

ということで今回は、この道路陥没について見ていきましょう。

博多駅前の道路が陥没!?

2016年11月8日に、博多市駅前の道路に大規模な陥没が発生しました。

地面に異変が起きたのは、午前5時15分頃だとされています。

なんでも、この地面の陥没は起きた原因となったのは、地下鉄の延伸工事がだとされています。

地下で地下鉄の工事をするために、作業員が作業をしていたのですが、水が出ていることを発見しました。

なので、慌てて作業を中断し、道路を通行止めにし、人が通ることも事前に防いでいたとされています。

そのおかげで、水漏れ発見直後に地面は沈んでいったのですが、人的被害を防ぐことができました。

ちなみに、地面陥没の瞬間を録画した方がいましたので、その時の映像をご覧ください。

地面が崩れていく様が恐ろしいですね。

今回の地面崩壊では、事前の対応がとても迅速に行われたため、巻き込まれたけが人はいなかったとされています。

早朝に起きた出来事とはいえ、人通りが多い場所であることは間違いないので、対応が早かったことで事前に被害を防げたのが素晴らしかったですね。

九州の玄関口である博多駅の目と鼻の先が現場ですからね。本当によかったと思います。

そして、地下の工事は、「地下鉄七隈線」の延伸工事でした。

事故が起きた時は、現場の地下約30メートル付近で線路を通すための横穴を掘削する工事をしていたそうです。

作業員が地下で異変に気づいて、交通規制を実施した5分後には道路が崩落したので、九死に一生といったところですね。

下手すれば、本当に大規模の人的被害が及んでいたと思います。

歴史に残るような被害が出た可能性もありますからね。


スポンサードリンク

博多駅の地下鉄工事の施工業者(会社)は、どこ?責任の所在は?

地下鉄の延伸工事をしていた業者(会社)がどこなのか、気になりますよね。

報道番組では、一切この情報が出てこないのですから。

実際、ネット上でも気になっている方がいるようですね。

今回、事件陥没の原因となった工事を請け負っていた会社は、市営の地下鉄の延伸工事していました。

そのことから考慮すると、入札形式で仕事を請け負った会社であります。

なので、調べてみると、落札業者”5社”が判明しました。

・三軌建設

・大成建設

・佐藤工業

・森本組

・西光建設JV

以上の、5社の建設共同企業が受注したとされています。

大規模な工事だったので、1社で請け負うということではなかったみたいですね。

ただ、これらの会社で請け負ったということは、責任の所在がどうなるのか気になりますよね。

これだけ大規模な問題を起こしてしまったということなので、とても注目が集まるところだと思いますからね。

ただ、今のところハッキリとはどこが責任を負うのかは、わかっていません。

恐らく、各会社間で会議でも開かれていると思われますけどね。

ちなみに、陥没事故は以前にも起きていたことがあるのだそうです。

そして、その時の原因は、たて杭施工時の地盤改良が不十分であり、周囲の地下の土砂が流れ込んだことが原因だとされています。

なので、今回また、同じようなことが起こってしまったことで「原因をきちんと調査していなかったから」「そのまま対策をせずに工事を続行したのでは?」という疑問の声があがっています。

しかし、細かなことをいうと、以前に起きた事故とは今回のは原因が違います。

今回のは、現在の推測では”地下水が流れる地層にぶつかった”ために起こったものだとされているのです。

ということで原因は違ったのですが…結局、問題は問題ですので、これからどこの会社が責任を負うのかに注目していきたいと思います。

これに関しては、いずれ、どこかの業者が記者会見を開くことになると思われますので、待っておきましょう。


スポンサードリンク

まとめ

11月8日の朝から起きた日本中を騒がす問題。

道路が全体すべて崩れ落ちていったので、ビルも巻き込まれるかと思いましたが、ギリギリのところで持ちこたえていましたね。

ビルの入り口付近まで地面が陥没していたので、中にいた方はずっと外には出られなかった状態だったと思います。

ただ、復旧は作業を迅速に行われていますので、ここの道路の交通に関してもすぐに出来ることになるでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。


スポンサードリンク

この記事も読まれています