ボブ ディランがノーベル文学賞を受賞した理由は?選考委員の意外性!

シェアをお願い致します

オススメ記事

おすすめ記事

毎年、世界中で注目を集めるイベントとなったノーベル賞の受賞者発表。

その中でも、特に”ノーベル文学賞”は、日本では大きな注目を浴びています。

その最も大きな原因となっているのが、小説家「村上春樹」氏の存在といえるでしょう。

毎年のようにノーベル文学賞にノミネートされておきながら受賞できない人物。

メディアや村上春樹氏のファン・ハルキストが毎年のように彼を祭り上げるので、年々、ノーベル文学賞の注目度が上がっています。

さて、2016年にも待ちわびたノーベル文学賞の発表がされました。

気になる受賞者は、一体誰なのでしょうか?


スポンサードリンク

ノーベル文学賞の受賞者が「ボブ・ディラン」!?その理由は?

2016年に発表されたノーベル文学賞の受賞者はアーティストの「ボブ・ディラン」氏が選ばれました。

スウェーデンのストックホルムにある選考委員会の、ある意味サプライズでしたね。

ちなみに、ボブ・ディラン氏が選ばれた理由は、

「これまでの歌詞とは異質の『詩』を歌い、ポピュラー・ミュージックを革新し、詩が歌と同じ『声の文化』であることを再認識させた」

ということが、受賞理由となっています。

米国歌謡にのせて新しい詩の表現を創造したということですが、これの理由だけでは多くの国のアーティストが受賞者となってしまうような気もしないではないですよね。

なので、ボブ・ディラン氏がノーベル文学賞を受賞したことを知った日本人の多くが面白い意見をたくさん出していました。

などなど、ユニークな意見がたくさん出ていました。

確かに、音楽家・作詞家であるボブ・ディラン氏がノーベル文学賞を受賞したことは多くの人にとってはサプライズだったかもしれません。

「予想の斜め上」という意見。これが良くも悪くも多くの人の声でしょうね。

しかし、彼が私たちに与えた影響は計り知れないものがあったでしょう。

なので、ボブ・ディラン氏が受賞したことについては、とても多くの方から祝福の声が聞こえてきています。当然ですけどね。

ボブ・ディランが与えた音楽への影響

ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディラン氏。

受賞した理由は、「これまでの歌詞とは異質の『詩』を歌い、ポピュラー・ミュージックを革新し、詩が歌と同じ『声の文化』であることを再認識させた」ということでした。

ここで言われる歌詞と詩の違い。

ここの部分が大きくの人にとっての疑問点だったと思います。

音楽家「ボブ・ディラン」氏は、歌詞を書いているのではないのか?ということです。

彼は作詞をしているので、”歌詞を書いている”ということは間違いないでしょう。

ただ、受賞理由とされている”歌詞と詩の違い”は、きちんと説明されています。

それは、詩には過去から繋がっている、膨大な文化的、元型的な伝承が生きていることが挙げられていて、ボブ・ディラン氏の作品は、まさに様々な英詩の伝統から生み出されているがゆえ、現代詩なのだと解説されています。

なので、たんにボブ・ディラン氏が書く「詩」が素敵だから受賞!という訳ではないのです。


スポンサードリンク

まとめ

ボブ・ディラン氏がノーベル文学賞を受賞したことは、世界中の人にとってかなりのサプライズだったことでしょう。

ファンにとっては嬉しい報告ですし、そうじゃない人にとっては、予想外の発表だったのでサプライズを楽しめたことでしょう。

毎年ノミネートされている人物がいるにも関わらず、「予想の斜め上」から受賞者が登場してくることは本当に面白かったですね。

ボブ・ディラン氏は、今回の受賞によって、また自身の音楽が売れることでしょうね。

関連記事:生活の党が自由党に党名変更した理由や小沢一郎の狙いは?

関連記事:石原さとみは昔から顔がかわいい?ブサイク?写真で比較

関連記事:永井理子(りこぴん)と速人の関係に炎上?密会目撃で嘘や最低な姿な丸裸に

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。


スポンサードリンク

この記事も読まれています