芳根京子が患った難病の病名や症状は?【べっぴんさん・ヒロイン】

シェアをお願い致します

オススメ記事

おすすめ記事

HNKの朝ドラ「べっぴんさん」で、主演女優を演じる「芳根京子」さん。

近頃、彼女は連続ドラマや映画などに急に出演してきたので、「彼女は何者なんだ」と思った方が多いと思います。

まだまだ、知名度は高くない芳根京子さんもブレイク確実と言われるNHKの朝ドラで主演として出演することが決まりましたので、これから彼女はとても注目されることでしょう。

ということで今回は、将来がとても楽しみな若手女優・芳根京子さんについて特集していきましょう。


スポンサードリンク

芳根京子

%e8%8a%b3%e6%a0%b9%e4%ba%ac%e5%ad%90

1997年2月28日に東京都で生まれた「芳根京子」さん。

全く彼女のことを知らなかった方が多い時に、急に彼女はドラマ「表参道高校合唱部!」で主演女優として登場しました。

なんでも、この主演を決めるためにオーディションには1000人以上もの人が参加していたとされています。

そして、1000人もオーディションを受けに来ているのに、知名度が全くなかった芳根京子さんが受かったのは、彼女と他の女優に”完全な実力の差”があったからなんだそうです。

なので、実は、芳根京子さんは業界では「会いたくない若手女優NO.1」と言われる人物なのだそうです。

「会いたくない若手女優NO.1」という響きは、あまり良くありませんが、このニックネームの由来を聞けば納得します。

その気になる理由は、”彼女と同世代の女優が集まるオーディションでは、彼女がほとんどかっさらって行く”とされているからです。

実際、芳根京子さんの仕事のほとんどが”オーディションで勝ち取ったもの”なのだそうです。

なので、彼女がオーディションに参加していることを同年代の女優が知ると、肩を落として自信を無くしてしまうんだそうです。

ちなみに、芳根京子さん本人に、このニックネームを伝えたところ「全然そんなことないです!」と謙遜のような反応をしていたそうですよ。

また、「ダメだったことも何度かありますよ!その時はもちろん反省しますが、全力で臨んだので悔いは残りません。」とコメントしていました。

まぁ、オーディションなので100%成功するということはないでしょう。

ですが、彼女ほどオーディションで合格を勝ち取ってきた若手女優も今までいなかったことも事実です。

でなければ、この内容が大きな話題となるはずがありませんからね。

ということで、デビューしたての若手女優にも関わらず、多くの作品に出演する芳根京子さんから、今後目を離してはいけませんよ。

芳根京子が患った難病とは?その病名や症状は?

%e8%8a%b3%e6%a0%b9%e4%ba%ac%e5%ad%901

素朴な雰囲気があるのに、どこか大物感も漂わせる芳根京子さん。

彼女をテレビ越しに見ると、とても元気な姿が目に入りますよね。

なので、今までずっと幸せな生活をしてきたのだろうなぁ!と思っている人が多いことだと思います。

しかし、彼女は過去に”難病を患っていた”という情報があります。

ということで、難病と闘いながら、彼女が今まで過ごしてきた過去などを見ていきましょう。

難病を患った過去

%e8%8a%b3%e6%a0%b9%e4%ba%ac%e5%ad%902

元気な姿をよく見かける芳根京子さんですが、実は彼女は過去に難病を患っていました。

その病名が「ギランバレー症候群」というものでした。

この病気は、手足に力が入らなくなったり、手足がしびれたりする病気で、最悪の場合には亡くなるケースもあるんだそうです。

そんな病気を彼女は、中学2年生の時に発症し闘病していたとされています。

この病気のせいで彼女は、1年間ほど普通には学校に通えなくなったそうです。

本当に重病の患者になると、呼吸困難になったり寝たきりになる人も出てくるのだそうですが、彼女の場合にはそこまでではなかったようですね。

ただ、この病気のせいで、彼女は”歩き方”が変になり、注目を集めた時がありました。

手足に力が入らないために健常者とは少し違った、違和感のある歩き方になっていたのでしょうね。

しかし、現在の芳根京子さんを見てみれば分かる通り、彼女はこの難病に打ち勝って完治させています。

ということで、芳根京子さんは、普通の人が経験しないことを若い内に経験したことで、彼女の精神面が鍛えられたと思います。

その証拠に芳根京子さんは、ヒロインを務めることになったNHKの朝ドラ「べっぴんさん」の記者会見でこのように語っていました。

・コメント

「命の重さを自分で実感しましたね。

人として、自分はこんなにも周りの方に支えられているんだと。そういう経験したからこそ、しっかりと自分を持とうと考えるようになりました。」

という内容でした。

難病を経験して命の重さを知ったことで、いろんなことに挑戦する根性がついたのでしょうね。

なので、同年代の女優よりも一歩抜きに出てる若手女優になったのではないでしょうか。

大きなことを経験したかどうかで、役者の演技にはリアリティーの違いが出てくると思います。

今回の検証で、芳根京子さんが数多くのオーディションを勝ち取っていく理由も、知れたような気がしますね。


スポンサードリンク

まとめ

%e8%8a%b3%e6%a0%b9%e4%ba%ac%e5%ad%905

芳根京子さんが過去に患った難病について特集してきましたが、調べてみないと彼女にそんな過去があったなんて想像できないですよね。

だって、彼女は異常に明るいんですから!

過去の辛い経験なんて全く無かったかのように今を楽しく過ごす彼女の姿を見ると、今、難病を患っている人も勇気づけられることでしょうね。

また、数多くのオーディションをかっさらって行くということなので、彼女はこれからもっともっと多くの作品に登場してくることでしょう。

なので、一気にスターへと駆け上がることが予想出来ます。

芳根京子さんが、大女優と呼ばれる日まではそう遠くなさそうですね。

関連記事:道重さゆみの復帰・活動再開の時期が近い可能性?ブログ内容の意味は?

関連記事:神木隆之介は子役でドラマに出る前、病気で生死を彷徨っていた…

関連記事:桐谷美玲が痩せすぎなのはなぜ?病気なら怖い状態では!?

関連記事:橋本奈々未がトイレ中を盗撮された画像が流出!病気で入院した原因は?

関連記事:中条あやみのCM(ハーゲンダッツ・ポカリ・ドコモ)の可愛いまとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。


スポンサードリンク

この記事も読まれています