福山雅治のライブで女性スタッフがキャノン砲で眼球破裂?顔や名前など誰だ?

シェアをお願い致します

オススメ記事

おすすめ記事

多くのファンが待ち望んだ福山雅治さんのライブ。

わくわくドキドキしながら、ライブに足を運んだ人がたくさんいることでしょう。

しかし、記念となるはずのライブに悲惨な出来事が訪れてしまいました。

それは、福山雅治さんのライブで起こってはいけない事故が起こってしまったためです。

ということで福山雅治さんのライブで起きた事故について特集していきましょう。


スポンサードリンク

福山雅治のライブで女性スタッフにキャノン砲が直撃して眼球破裂

2016年9月25日に東京ドームで開催された福山雅治さんのライブ。

東京ドームという場所で開かれているライブなので、そこには何万人という多くのファンが駆けつけていました。

しかし、この大きなライブで大きな事故が起きてしまいました。

それは、ライブの演出で発射された”銀テープが女性スタッフの右目に直撃”したためです。

福山雅治さんが今回行なったライブには、キャノン砲と呼ばれる装置があり、その中にテープが入っているのです。

そして、このキャノン砲の中に入ったテープは巻かれて筒状になっているのですが、伸ばすと、なんと16mにもなる長さなのだそうです。

また、幅が2.3cmもあるとされています。

この大きなテープが女性スタッフの右目に直撃したことで、女性スタッフは”右の目が眼球破裂”してしまったとされています。

しかし、なぜ、この女性スタッフの右目にキャノン砲が直撃したのか。

これについて、見ていきましょう。

キャノン砲の被害にあった女性スタッフの現在の状態は?顔や名前など誰なのか?

福山雅治さんのライブで、女性スタッフに大きな事故が起こりました。

それは、女性スタッフの”右目が眼球破裂”したという大きな事故でした。

ただ、気になるのが、なぜこうした事故が起こったのかということですよね。

それは、被害にあった女性スタッフがキャノン砲にテープを詰めたり、他のスタッフからの発射の支持を受けて、周囲に呼びかけをする担当だったためです。

なので、被害にあった女性スタッフは、発射装置の至近距離にいたことが考えられます。

まだ詳しい情報がないため、ここからは推測になるのですが、女性スタッフが被害にあったのは、キャノン砲にテープを入れる担当だったことから、テープを入れるタイミングが遅れて発射のタイミングと被ってしまったということが考えられます。

また、この他には、キャノン砲が発射される時、周囲に注意を呼びかける担当だったということなので、注意に気を取られてしまい、知らず知らずにキャノン砲の近くにいたということが考えられます。

なので、必死に注意を呼びかけている本人が、自身を場所(立ち位置)を確認するためにキャノン砲の位置を確かめようと振り返ったと同時に発射されたという可能性がありますね。

ということで、女性スタッフは至近距離でテープが右目に当たったのではないでしょうか。(まぁ、これは単なる推測になるので、詳しい情報が出てき次第、特集していきましょう。)

そして、気になる現在の女性スタッフの状況は詳しくは、わかっていません。

ちなみに、年齢はわかっていて42歳だとされています。ただ、被害女性の顔や名前は判明していません。

被害にあった女性は一般人なので、こういった情報は公開されることはないでしょうが、ネット上で誰かが特定する可能性はあるでしょう。

これほど大きな話題となっている事故なので、すぐに情報が出てくると勝手に推測しています。

なので、その情報がわかれば、再度特集していきましょう。


スポンサードリンク

まとめ

多くのファンが楽しみにして訪れた東京ドームでこんなにも大きな事故が起こるとは。

福山雅治さんは、結婚してから話題となるトラブルが続いているように思えます。

結婚当初には、自宅に不審者侵入してきたこともありましたからね。

そして、今回は女性スタッフの人生を大きく変える事故がありましたからね。

ちなみに、眼球破裂となると、治療して治るものなのでしょうか。

とりあえず、今は、被害にあわれた方の回復を祈るばかりです。

関連記事:藤原さくらの足首にタトゥーが!?ブサイクや態度がでかいと言われる原因は?

関連記事:福山雅治の自宅マンションでの事件で住所(場所)がバレる?南平台か代官山かどこ?

関連記事:岩田剛典の実家が豪邸なのは料亭のため!?旅館経営でお金持ちか?

関連記事:沢尻エリカの「別に」事件の理由や原因をアナウンサーが激白!?

関連記事:桐谷健太の歌に下手・うまいと賛否の評判に?作詞家としてもデビュー

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が良ければ、下のSNSボタンでシェアをよろしくお願いします。


スポンサードリンク

この記事も読まれています